企業名

スズケン< 9987 >

本社所在地

〒461-8701名古屋市東区東片端町8

会社情報HP

http://www.suzuken.co.jp/

設立

1946年08月

上場市場

東証1部 名証1部

決算

3月

業種

卸売業

同業他社

アルテック<9972> タキヒヨー<9982> 蔵王産業<9986>

沿革

1932年
11月年 名古屋市東区下竪杉町で個人商店「鈴木謙三商店」を創業

1946年
08月年 「株式会社鈴謙洋行」を静岡県浜名郡に設立

1947年
11月年 「株式会社鈴謙洋行」の社名を「株式会社鈴木謙三商店」に変更

1964年
10月 社名を「株式会社スズケン」に変更

1994年
08月 日本証券業協会に株式を店頭登録

1995年
09月 東京証券取引所、名古屋証券取引所の市場第二部に上場

1997年
09月 東京証券取引所、名古屋証券取引所の市場第一部に上場

事業内容

医療用医薬品、試薬、医療用機器、医療材料、食品などの販売、ならびに医療用機器の開発製造

事業リスク

1.法的規制について 医薬品卸売事業では、全国47都道府県に営業拠点を設けて、事業を展開している。営業拠点の開設及び医薬品等の販売に際しては、薬事法及び関連法規等により規制を受けており、本店・支店が所轄する都道府県知事より必要な認可、登録、指定及び免許を受け、または監督官庁に届出後販売活動を行っている。監督官庁の許認可の状況により医薬品卸売事業の業績に影響を与える可能性がある。

2.医療保険制度改革について 医薬品卸売事業における主要取扱商品である医療用医薬品は、薬価基準に収載されている。薬価基準は、「健康保険法の規定による療養に要する費用の額の算定方法」として厚生労働大臣が告示するもので、保険医療で使用できる医薬品の範囲と医療機関が使用した医薬品の請求価格を定めたものである。薬価基準は医薬品の実勢納入価格を薬価に反映させることを目的に2年毎に改定され、大半の品目の薬価が引き下げられている。このため、医薬品卸売事業の業績は、薬価改定後の販売価格低下等の影響を受けることがある。また、国民医療費は高齢化の進展により増加傾向にある。政府は医療保険財政の悪化に歯止めをかけるため、医療保険制度改革に取組んでおり、その内容によっては医薬品卸売事業の業績に影響を与える可能性がある。

3.特有の商習慣について (1)価格未決定取引について現在、官民挙げて流通改善に取組んでいるところであるが、当業界には、医薬品を価格未決定のまま医療機関等に納入し、その後医薬品卸売業者と医療機関等の間で価格交渉を始めるという特異な取引形態がある。これは、医薬品が生命関連商品であるがゆえ、納入停滞が許されないという事情から生まれた習慣である。医薬品卸売事業においては、合理的な見積りによる決定予測価格で売上計上している。

主力サービス

医薬品卸売93%、医薬品製造1%、保険薬局4%、医療関連サービス等1%