企業名

小田原機器< 7314 >

本社所在地

神奈川県小田原市中町1-11-3

会社情報HP

http:// http://www.odawarakiki.com/

設立

1979年10月

上場市場

JASDAQスタンダード

決算

12月

業種

輸送用機器

同業他社

ニチユ三菱フォークリフト<7105>ナンシン<7399>

沿革

平成14年11月
ISO9001を認証取得

平成15年3月
株式会社オーバルテック本社工場を神奈川県小田原市扇町に新設し、株式会社 小田原機器本社内より移転

平成16年6月
本社工場を改築

平成18年11月
資本金を69,500千円に増資

平成21年3月
ジャスダック市場に上場 資本金を319,250千円に増資

事業内容

ワンマンバス用運賃収受システム(運賃箱・整理券発行機・非接触ICカード システム・カードリーダ・運賃表示器など)の設計、製造、販売

事業リスク

(1) 製品に関するリスク
バス事業者の運賃収受に関るため高い信頼性が求められており、製品の開発及 び製造にあたっては品質の担保を最重要課題と捉えている。そのため、品質管 理の専門部署を設け、検証プロセスを中心に製品の品質を重視した体制を構築 することで、品質の管理を徹底している。しかし、予期しない事象が発生した 場合、改修費用の発生等により当社グループの業績及び事業展開に影響を及ぼ す可能性がある。

(2) 人材に関するリスク
新規採用を中心とした求人活動を継続的に行い、また教育訓練等を定期的に実 施することにより優秀な人材の確保及び育成に努めている。しかし、計画通り に人材の確保及び育成が進まない場合、製品開発及び製造のノウハウが受け継 がれず当社グループの技術力が低下する可能性がある。

(3) 事業内容に関するリスク
経済情勢及び市場動向等を勘案しつつ綿密に予算を作成しておりますが、景況 、燃料価格の変動、バス利用者の増減及びバス事業者に対する補助金制度の見 直し等によりバス事業者の設備投資計画に変更が生じた場合、当社グループの 業績に影響を及ぼす可能性がある。 また、新紙幣及び新硬貨の流通、消費税率の変更による運賃改定並びに非接触 ICカードシステムの一斉導入等により、一時的に特需が発生することがある 。この場合、当該特需の発生前と終束後では、当社グループの業績及び財務状 況が大きく変動する可能性がある。

(4) 販売環境に関するリスク
公営のバス事業者において受注は競争入札制度で行われるため、入札価格の低 下若しくは競合他社の落札により当 社グループの業績に影響が及ぶ可能性があります。また、民間のバス事業者に おいても競合他社との価格競争が激化した場合、売上高が減少し当社グループ の業績に影響を及ぼす可能性がある。また、バス事業者が運賃箱及び精算装置 等の機器について一斉更新を実施した場合、特定の販売先に売上高が集中する ことになる。受注獲得状況によっては、特定の販売先に対する売上高の増減が 当社グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

(5) 訴訟に関するリスク
製品開発の各段階で知的財産の調査を実施しているが、他者の知的財産権を侵 害した場合には、訴訟に発展する可能性がある。また、予期しない事象により 当社製品に関する損害賠償が発生した場合、当社グループの業績及び財務状況 に影響を及ぼす虞がある。

(6) 自然災害に関するリスク
地震及び台風等の大規模災害発生時に向けて、「事業継続計画(BCP)」を策 定している。しかし、設備の復旧に伴う費用の発生若しくは生産能力の縮小に 伴う売上高の減少等、大規模災害の発生時には事業展開に影響を及ぼす虞があ る。

主力サービス

ワンマンバス用運賃収受システムの設計、製造、販売