企業名

安田倉庫< 9324 >

本社所在地

〒108-8435東京都港区海岸3-3-8

会社情報HP

http://www.yasuda-soko.co.jp/

設立

1919年12月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

倉庫・運輸関連

同業他社

アイ・ロジスティクス<9321> 川西倉庫<9322> 日本ロジステック<9323>

沿革

1919年(大正8年)
12月20日 払込資本金400万円で興亜起業株式会社として創立。

1942年(昭和17年)
社名を安田倉庫株式会社と改称。

1999年(平成11年)
東京証券取引所市場第二部に上場。

2005年(平成17年)
東京証券取引所市場第一部に上場。

事業内容

倉庫業  運送取扱業  港湾運送業  通関業  物流機器の販売・賃貸業  物流情報システムの開発・運営業  不動産業  建物設備の販売・賃貸業  その他関連事業

事業リスク

(1)自然災害等 グループの主要な事業拠点は首都圏に集中している。グループでは自然災害及び火災等による被害を最小限に抑えるべく事業継続計画の制定、防災委員会の定時開催、設備等の耐震性対策、自衛消防隊の設置及び安全パトロールの実施等を行っている。しかしながら万一自然災害及び火災等が発生した場合特に首都圏での大規模地震が発生した場合にはこれらの施策にかかわらずグループの業績に影響を与える可能性がある。

(2)他社との競合 物流事業・不動産事業はともに激しい競合状態にある。グループではお客様満足度の向上のため高品質・低コスト・高提案力を掲げ他社との差別化を図っているが、競合による利益率の低下等によりグループの業績に影響を与える可能性がある。

(3)法的規制 グループは物流事業及び不動産事業並びに経営全般において倉庫業法及び建築基準法等に代表される種々の法的規制を受けている。はコンプライアンス体制の強化に従来より取り組んでいるが、今後これらの法的規制の強化又は新設が行われる場合には、対応に費用又は時間を要することによりグループの業績に影響を与える可能性がある。

(4)経営環境の変化 物流事業・不動産事業ともにグループの提供サービスに対する需要は従来より経営環境の変化により変動している。物流事業においては、国内外の景気動向や顧客企業の物流戦略の変更等により稼働率が低下しまたは原価率が上昇し、グループの業績に影響を与える可能性がある。不動産事業においては、地価の動向及び不動産賃貸市況の動向等により賃料相場が下落しまたは空室率が上昇し、グループの業績に影響を与える可能性がある。

(5)金利の上昇 グループは、設備投資の実施等を目的として借入金による資金調達を行っている。現在は長期の固定金利による調達を主としているが、今後の金利上昇により将来の資金調達コストが増大し、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

物流85%、不動産15%