企業名

上組< 9364 >

本社所在地

〒651-0083神戸市中央区浜辺通4-1-11

会社情報HP

http://www.kamigumi.co.jp/

設立

1947年02月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

倉庫・運輸関連

同業他社

伏木海陸運送<9361> 兵機海運<9362> 大運<9363>

沿革

1867年(慶3)
運上所出入りの貨物の運搬を命ぜられ「神戸浜仲」(上組の前身)として創業。

1906年(明39)
上組合資会社を設立。【資本金20万円】

1948年(昭23)
統合のため供出した設備の返還をうけ、港湾運送事業を総合的に再開。商号を上津合資会社と改称。

1952年(昭27)
商号を上組合資会社に復元。

1965年(昭40)
上組土建株式会社と合併し組織変更、商号を株式会社上組と改称。

1971年(昭46)
東京、大阪証券取引所市場第二部へ株式上場。

事業内容

国際複合一貫輸送、港湾運送、重量貨物運搬据付、プラント輸送、倉庫、通関、陸海空貨物取扱、海運代理店、貨物自動車運送、レジャー施設などの各営業に附帯する一切の事業

事業リスク

(1)輸出入貨物の取扱いにおける影響について グループは世界中の多種多様な輸出入貨物を取扱っていることから、特定の貨物の取扱量の増減によって、経営成績に多大な影響を受けることは少ないと考えられるが、以下のような種々の要因により、貨物取扱量が減少し業績に影響を受ける可能性がある。 ①青果物や穀物など食料品の産地における天候不順による生産量の減少 ②BSEや新型インフルエンザなどの新たな病原菌の発生による食材や飼料の輸入禁止措置 ③緊急輸入制限措置(セーフガード)などの法律又は規制の変更 ④テロ、戦争などの要因による社会的混乱 (2)環境問題の影響について 現在、グループの主要な事業の一つである自動車運送事業は、CO2や窒素酸化物及び粒子状物質の排出量、安全性など課せられる規制は広範囲にわたっており、今後、これらの規制は変更されることがあり、より厳しくなることが考えられる。これまで、グループはこれらの規制に迅速に対応し遵守してきましたが、今後、新たに追加される規制に対応するために、費用の支出を余儀なくされる可能性があり業績に影響を受けることがある。 (3)事故及び自然災害などによる影響について グループは、過去の経験などをもとに事故や自然災害による、業績に与える影響を最小限にするため日々対策や研究を重ねている。しかし、作業工程や設備等で発生する事故、大地震などの自然災害による影響を完全に防止又は軽減できる保証はないため、グループの主要な事業拠点において、重要な影響を及ぼす災害等が発生した場合、業績に影響を受けることがある。 (4)退職給付債務による影響について グループの従業員に対する退職給付費用及び債務は、割引率等の数理計算上で設定される前提条件に基づいて算出している。よって、予定給付債務を計算する前提となる数理計算上の前提・仮定に変更があった場合には、その影響は累積され、将来にわたって規則的に認識されるため、将来の期間において認識される費用及び計上される債務に影響を及ぼすものである。

主力サービス

国内物流80%、国際物流12%、他8%