企業名

エーアイテイー< 9381 >

本社所在地

〒541-0053大阪市中央区本町2-1-6

会社情報HP

http://www.ait-jp.com/

設立

1988年02月

上場市場

東証1部

決算

2月

業種

倉庫・運輸関連

同業他社

ワールド・ロジ<9378> 三洋電機ロジスティクス<7379> 東海運<9380>

沿革

1988(昭和63)年
2月 株式会社スバルを設立

1995(平成 7)年
3月 株式会社エーアイテイーに商号変更

2007(平成19)年
3月 東京証券取引所マザーズ市場に上場

2011(平成23)年
2月 東京証券取引所市場第二部へ市場変更

2011(平成23)年
12月 東京証券取引所市場第一部に指定

事業内容

・貨物利用運送事業(外航海運)  ・貨物利用運送事業(国際航空貨物)  ・航空運送代理店業  ・通関業  ・海運仲立業  ・損害保険代理店業  ・コンテナその他輸送器具の販売並びに輸出入  ・上記に付帯関連する一切の事業

事業リスク

(1)中国情勢の変化について グループが展開する国際貨物輸送事業における主要な収益源は、日中間の海上コンテナ輸送の取扱いとなっている。そのため、中国における政治的・経済的な混乱の発生、中国政府の政策変更(外資企業への規制強化等)、人民元の切上げ、反日運動の発生等の影響により、日中間の国際物流環境に大きな変化が生じた場合、グループの業績に重大な影響を及ぼす可能性がある。 (2)グローバルな事業展開に伴うリスクについて グループが展開する国際貨物輸送事業には、以下に掲げるようにグローバルな事業展開に伴う様々なリスクが存在している。グループでは、中国以外の地域への事業展開にも注力していく予定であることから、当該リスクが顕在化した場合、グループの事業展開に影響を及ぼす可能性がある。 1.事業や投資に係る許認可、税制、通商制限等 2.戦争、暴動、テロ、ストライキ、その他の要因による社会的混乱 3.移転価格税制等の国際税務リスク 4.急激な為替レートの変動 なお、グループとしては、新たに海外に進出する際には現地の政情や経済情勢、グループの顧客が潜在的にもつ当該国との貨物量を勘案するほか、考えられる限りのリスクを把握し対応するよう努めているが、予期せぬカントリーリスクが発生した場合、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

国際貨物輸送100、他0、