企業名

サンワドー< 7430 >

本社所在地

青森市大字石江字三好69-1

会社情報HP

http://www.sanwado.com/

設立

1988年6月

上場市場

JASDAQスタンダード

決算

2月

業種

小売

同業他社

ダイユーエイト<2662>コメ兵<2780>

沿革

2013年
10月 青森市浪岡に食品・青果・酒を中心とした品揃えの業務スーパー 浪岡店出店
10月 三沢市に、10店舗目となるイエローハット三沢店をオープン 2012年
12月 上新電機株式会社とフランチャイズ契約を締結。サンワドー青森 中央店2号館に  「ジョーシンサンワドー青森中央店」として150坪の売場 で家電の取扱いを開始

2011年
7月 サンワドー上磯店を改装し、食品・青果・酒の品揃えを拡充
3月 サンワドー中央店1号館・2号館を改装し、リニューアルオープン。 1号館に「業務スーパー」を新設し、生鮮・食品、酒の取扱いを開始。 2号館に「でんきのセキド」を移設し、家電の取扱いを開始。

2010年
9月 セキドむつ店旧店舗を改装し、9店目となるイエローハットむつ店 をオープン
8月 サンワドーむつ店、八食店を改装し、食品・青果・酒の品揃えを拡充。セ キドむつ店をサンワドーむつ店に移設 7月 ザ・サンワ柏店を改装し、食品・青果・酒の品揃えを拡充 5月 サンワドー登別店を改装し、リニューアルオープン。食品売場を拡充し、 青果・酒の取扱いを開始
3月 株式会社レンタスとの提携によりニコニコレンタカーを、サンワドー青森 中央店1号館内に青森緑店、イエローハット青森西店内に青森石江店の2店舗 出店

2009年
7月 ザ・サンワ樋の口店を改装し、リニューアルオープン。食品館を新 設し、食品・青果・酒の取扱いを開始

2008年
4月 青森中央店1号館・2号館を全面改装し、グランドオープン
4月 サンワドーカードが成長タクシー「成長タクシーカード」との提携でポイ ント相互利用・交換が可能なサービスを開始
4月 アップガレージ3号店となる青森中央店をサンワドー青森中央1号館内に 出店

2007年
12月 サンワドー本通店をペット専門店「The Pets」としてリニューア ル
11月 ベンリーサンワドー青森中央店を開店、ホームサービス事業を開始
8月 ICチップ搭載の新サンワドーカードが、株式会社 日専連ホールディング ス、株式会社 ニッセンレンライフとの提携で誕生

2006年
12月 ザ・サンワ2号店となる弘前樋の口店を売場面積1,860坪にてロッ クタウン弘前樋の口内に出店
12月 サンワドー八食店に資材館併設、売場面積2,840坪に増床しリニューア ル
10月 アップガレージ2号店となる八戸店を八戸市類家に出店
4月 業務スーパー下田店を下田店内に出店

2005年
9月 八戸市にイエローハット八戸店、八戸北店を開店

2004年
4月 業務スーパーむつ店をむつ店内に出店

事業内容

ホームセンター ・・・サンワドー、ザ・サンワ カー用品 ・・・CAL(カル)、オイルボーイ、イエローハット、部品卸 家電 ・・・上新電機(ジョーシン) ブランドショップ ・・・BAL(バル)
業務用食品販売 ・・・業務スーパー リサイクル ・・・アップガレージ ホームサービス ・・・リフォーム

事業リスク

①地域経済と消費動向による影響について
営業基盤である青森県・北海道における地域経済が浮上せず、個人消費の低迷 が続いた場合は売 上高の減少、商品価格の低下につながり、当社グループの業績に影響を受ける 可能性がある。

②競合強化による影響について
取扱商品が競合する同業他社及び異業態他社との企業間競争がますます激化す る中にあって、他社が店舗の増設 をもってさらなる競合関係を強めてきた場合、当社グループは既存店の整備、 新業態・新商品の開発により販売力 の強化に努めたとしても、業績に影響を受ける可能性がある。

③異常気象による影響について
気温、風雨、降雪等による異常気象が発生した場合、季節商品の需給バランス が崩れ業績に影響を受ける可能性 がある。

④商品の需要見通しによる影響について
取扱商品のうち、季節性・流行性の高い商品、並びに鮮度を要求される商品は 、需要動向によって商品価格、売 上高が変化する。これらの商品については厳密な需要見通しのもとに、仕入・ 販売計画を立てておりますが、見 通しを超える変化があった場合は、業績に影響を受ける可能性がある。

⑤金利水準の変化による影響について
当社グループにおける設備資金、運転資金の調達は、主に銀行借入と社債発行 に依存している。金利水準が 上昇した場合、業績に影響を及ぼす可能性がある。

⑥輸入商品の供給状況での影響について
当社グループの取扱商品の中に、一部海外より供給されている商品がある。そ の配送についての混乱等で入 手が安定しなかった場合や、昨今食品の安全性が極めて高い関心を呼んでいる なかで、その安全性が疑われる問題 が生じた場合、業績に影響を受ける可能性がある。

⑦地震、津波、火災等の災害発生の影響について
当社グループの営業基盤の内外を問わず、大規模な災害が発生した場合は、直 接的な被害による損失にとどまら ず、業績に影響を及ぼす可能性がある。特にライフラインの損傷、商品供給の 断絶、オペレーションシステム の破綻、顧客の消費行動の混乱など予想を超える事態が発生した場合、営業に 重大な支障を来たす可能性がある。

主力サービス

ホームセンター での日用品・雑貨の販売