企業名

東北化学薬品< 7446 >

本社所在地

青森県弘前市大字神田1-3-1

会社情報HP

http://www.t- kagaku.co.jp/

設立

1953年2月

上場市場

JASDAQスタンダード

決算

9月

業種

卸売

同業他社

アイフラッグ<2759>ビズネット<3381>

沿革

平成15年7月(2003年7月)
生命システム情報研究所を開設

平成17年7月(2005年7月)
増資 資本金8億2,040万円とする

平成18年11月(2006年11月)
介護サービスを行う株式会社グリーンケアガーデンを持分法適用関連会社とす る

平成19年4月(2007年4月)
試薬販売会社の北星化学㈱株式100%取得し、子会社とする

平成24年10月(2012年10月)
臨床検査試薬販売会社の株式会社日栄東海を子会社とする

事業内容

1.試薬、化学工業薬品、食品添加物、農薬の販売
2.医理化学機器、計測機器、計量器の販売

事業リスク

(特有の法的規制等に係るもの)
医薬品卸売業として各種の医薬品及びその関連商品を取り扱っている。この ため主に薬事法の規定により、各事業所が所轄の都道府県知事より必要な許可 、登録、指定及び免許を受け、あるいは監督官公庁に届出の後、販売活動を行 っている。これらの規制を遵守できなかった場合、当社グループの活動が制限 される可能性がある。

(薬価基準)
主要取扱商品である医療用医薬品は、薬価基準に収載されており、薬価基準 は保険医療で使用できる医薬品の範囲と使用した医薬品の請求価格を定めたも のである。従って、薬価基準は、販売価格の上限として機能している。  なお、薬価基準は、市場実勢価格を反映させるため、原則として2年に1回 改定されており、改定の都度引き下げられております。このため、販売価格の 上限も薬価基準の改定の都度低下し、売上高に影響を与えることになる。

(貸倒れによるリスク)
貸倒懸念債権等特定の債権については、個別に回収可能性を検討し、回収不 能見込額を貸倒引当金に計上している。しかし、今後の得意先の財務状態の悪 化等により、回収可能性が見込まれない場合は追加引当が必要となり、収益が 悪化する可能性がある。

主力サービス

試薬、化学工業薬品、食品添加物、農薬の販売