企業名

松田産業< 7456 >

本社所在地

〒163-0558東京都新宿区西新宿1-26-2新宿野村ビル TEL03-5381...

会社情報HP

http://www.matsuda-sangyo.co.jp/index.html

設立

1978年09月01日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

卸売業

同業他社

ナガイレーベン <7447> 太洋興業<7449> 三菱食品<7451>

沿革

1956年05月
卵白の販売を目的とする松田商店(食品系)を東京都中野区に設 立

1961年04月
(株)松田商店 専務取締役 松田 洋 就任

1964年05月
松田商店(食品系)の商号を松田産業に変更

1995年08月
株式を店頭登録

1999年12月
東京証券取引所2部上場

2001年09月
東京証券取引所1部指定

事業内容

貴金属関連事業、食品関連事業

事業リスク

(1)主要製品・商品の価格変動について

①製品
グループの製品は、主に金、銀、白金、パラジウム等の貴金属地金であり、 それらの生産に用いられる主要原材料は、各種貴金属元素を含有するリサイク ル原材料である。その仕入価格は原則として貴金属地金の市場価格に基づいて おり、国際商品市況および為替相場の変動による影響を受ける。また、貴金属 地金製品の販売価格も、市場価格に基づき決定される。グループは、価格変動 に伴う相場リスクを回避する目的で商品先物取引を行っているが、貴金属価格 の動向によっては、価格変動が業績に影響を与える可能性がある。

②商品
グループの商品のうち、すりみを中心とした水産品や畜産品、農産品等の食 品加工原材料は、取扱品の大部分が外国産品である。その価格は、仕入・販売 いずれも商品市況、為替相場の変動による影響を受ける。グループでは、先物 為替予約の実施、販売価格への転嫁によりこれらの変動に対応しているが、こ れらの価格変動が業績に影響を与える可能性がある。

(2)食品関連事業に関わる品質問題等について
グループの食品関連事業は、魚のすりみ、エビ、カニ、イカ、タコ等を中心 とした水産品加工原料、生鮮野菜、乾燥野菜、冷凍野菜等を中心とした農産品 加工原料、牛肉や鶏肉等の各種素材肉、鶏卵を中心とした畜産加工原料を輸入 し、水産練製品、冷凍食品、惣菜、製菓等の食品メーカーへの卸売りを行って いる。グループでは、法令に基づく食品表示の徹底はもとより、海外産地の品 質管理指導や異物混入対策の強化などに万全を尽くしているが、食品の安全性 等にかかる問題が発生し、輸入禁止措置等がとられた場合には、の業績に影響 を及ぼす可能性がある。

主力サービス

貴金属関連71%、食品関連29%