企業名

ダイヤ通商< 7462 >

本社所在地

東京都文京区本郷3-15-9

会社情報HP

http://www.daiya-tsusho.co.jp/

設立

1949年5月

上場市場

JASDAQスタンダード

決算

3月

業種

小売

同業他社

ジパング<2684>サダマツ<2736>

沿革

平成7年
日本証券業協会に株式を店頭登録

平成16年
日本証券業協会への店頭登録を取消し、 ジャスダック市場(現 東京証券取引所 ジャスダック市場)に上場

事業内容

石油事業 … サービスステーション等および石油製品の卸・直販の経営
専門店事業 … サイクルショップ「コギー」の経営
不動産事業 … 賃貸用オフィスビルおよび店舗ビルの経営

事業リスク

①原油価格の変動によるリスク
石油製品の仕入価格は、原油価格の高騰などによる市況価格変動の影響を直 接的に受ける構造となっており、販売価格の決定に関しましては調達コストを 考慮しながら行っている。しかしながら他社との競合上その対応次第では、業 績に影響を与える可能性がある。

②気象条件の変動によるリスク
石油事業の売上計画は、季節変動を考慮している。しかしながら予想以上の 暖冬などの気候変動があった場合、灯油・A重油など暖房油種関連の需要変動 により、業績に影響を与える可能性がある。

③土壌汚染など環境汚染によるリスク
石油事業の店舗(SS)および油槽所では、危険物である石油製品を取り扱っ ているため、保安の確保、危害予防には万全を期している。また石油製品の流 出による土壌汚染・河川の水質汚染の恐れに対しては、日次の貯蔵タンクや配 管の漏洩チェックを実施して万全の管理体制を取っている。さらに賠償責任保 険に加入し、流出事故などへの補償に備えた体制を取っている。しかしながら 、その賠償額が予想をはるかに越えた場合に相応のコストが発生し、業績に影 響を与える可能性がある。

④個人情報等の漏洩に関するリスク
店舗における顧客情報を始めとして種々の個人情報を保有しており、その管 理に関して 「個人情報管理規程」を策定し、スタッフ教育を通して周知徹底を図っている 。しかしながら個人情報が漏洩した場合、業績に影響を与える可能性がある。

⑤システム障害によるリスク
情報システムが、地震・火災などの自然災害や機械の故障などの原因により 、長期にわたる使用不能または大規模のデータ破壊などを引き起こした場合に は、業務遂行に影響を与える可能性がある。

⑥金利変動によるリスク
今後の借入金の金利変動により金利が上昇した場合、業績に影響を与える可 能性がある。

主力サービス

サービスステーション等および石油製品の卸・直販の経営