企業名

ハウスオブローゼ< 7506 >

本社所在地

〒107-8625東京都港区赤坂2-21-7 TEL03-5114-5800

会社情報HP

http://www.houseofrose.co.jp/

設立

1982年04月01日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

小売業

同業他社

オーエー・システム・プラザ <7491> マルミヤストア <7493> コナカ <7494>

沿革

1978年11月
東京都港区北青山「ベルコモンズ」内に、自然と香りの店1号店 を創業

1982年 4月
東京都港区青山に化粧品のPB商品の開発及び出店の拡大を目的 として、株式会社ハウス オブ ローゼを設立

1996年 8月
日本証券業協会に株式を店頭登録

2006年 5月
東京証券取引所市場第二部上場

2008年 5月
東京証券取引所市場第一部上場

事業内容

直営店商品販売事業、直営店サービス事業、卸販売事業

事業リスク

①営業・販売に関わる人材の確保、育成について
化粧品販売事業は、コンサルティング販売を柱とした営業展開を行っている ので、人的労力に負う部分が非常に大きなウエイトを占めており、スタッフの 資質、技量によって店舗売上が左右される面がある。では、コンサルティング 販売の徹底、レベル維持のためスタッフ教育に注力しているが、極めて少人数 で年齢的にも若いスタッフに店舗運営を委ねているため管理面が統一されにく いこともあり、スタッフのモチベーションとモラルの低下がの業績に影響を及 ぼす可能性がある。  また、リフレクソロジー事業では、民間の資格を持ったリフレクソロジスト により施術を行うため、出店に応じたリフレクソロジストの確保が必要となる 。では、今後もリフレクソロジー事業の出店を拡大していくが、十分なリフレ クソロジストの確保が出来なかった場合には、の経営成績に影響を及ぼす可能 性がある。

②商品の品質管理について
PB商品を企画・開発し販売するにあたり、研究開発室を中心としてOEMメー カーの協力を得て万全の体制をとっているが、万一不測の事態により商品の品 質に欠陥が生じ、大量の消費者トラブルおよびクレームが発生した場合、損害 賠償責任のみならず百貨店をはじめとした出店先から信用低下により出店契約 が解除される事態となる可能性があり、その場合はの経営に大きな影響を及ぼ す可能性がある。

③商品の仕入について
PB商品をファブレス形式でOEMメーカーに生産を委託している。商品の品質 管理及び安定供給の維持等については、規格の製品検査及び覚書等で万全の体 制をとっているが、OEMメーカーの対応に支障が生じた場合や、OEMメーカ ーが倒産した場合、商品の開発、一部商品の供給に支障が生じ、の経営成績及 び財政状態等に影響を及ぼす可能性がある。

④商品開発について
自然志向の化粧品には、化粧品原料基準等で認可されている原材料を用いる こととされており、また健康食品にはビタミン類、ミネラル類などの原材料が 用いられている。これらの原材料の許認可については行政の意向が強く反映さ れるため、行政の意向によりの商品製造・販売計画に支障が生じる可能性があ る。

主力サービス

直営店商品販売81%、直営店サービス11%、卸販売8%