企業名

アライドアーキテクツ< 6081 >

本社所在地

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-19-15

会社情報HP

http://www.aainc.co.jp/

設立

2005年8月

上場市場

東証マザーズ

決算

9月

業種

サービス業

同業他社

大和コンピューター<3816> クロスキャツト<2307>

沿革

平成17年8月
インターネットを利用した各種マーケティングを主たる事目的とし、東京都渋谷区恵比寿に当社を設立

平成20年5月
企業ファンサイトモール「モニタープラザ」(現モニプラファンブログ)サービス開始

平成21年4月
本社を東京都渋谷区恵比寿に移転

平成24年10月
財団法人日本情報処理開発協会より「プライバシーマーク」の付与認定を取得

平成24年10月
スマートフォン向けO2O支援サービス「モニプラFIND!」提供開始

平成24年11月
「モニプラ for Twitter」サービス開始

平成25年11月
東京証券取引所マザーズに株式を上場

事業内容

当会社は、ソーシャルメディアマーケティングの推進により、企業の情報流通や生活者の消費行動に変化をもたらし、ひいては、生活者個人の利便性を向上させ、より豊かな社会の実現に向けて貢献する事を目指しています。

顧客企業とモニプラに会員登録したユーザー(以下「会員ユーザー」といいます)がインターネット上で交流するファンサイトモール「モニプラァンブログ」の運営を通じて、顧客企業のマーケティングや販売促 進等の支援を行っております。 「モニプラファンブログ」とは自社開発の、インターネット上で運営しているファンサイトモールであり、複 数の顧客企業がマーケティングや販売促進等を目的として「モニプラファンブログ」上でキャンペーンを開催しております。キャンペーンの例としては、顧客企業が自社商品を会員ユーザーに提供し、商品のレビューや感想を投稿する商品モニター企画や、顧客企業が会員ユーザーにアンケートを実施し、会員ユーザーからの回答や情報を商品開発に利用するアンケート企画等があります。他方、会員ユーザーは「モニプラファンブログ」上で開催さ れている顧客企業のキャンペーンから好みのキャンペーンを選択し、参加することが可能です。「モニプラファンブログ」は、会員ユーザーのキャンペーン参加を通じて、顧客企業と会員ユーザーが交流するインターネット上の空間となっております。献することを目指しております。

事業リスク

① インターネット事業に関する一般的なリスク

当会社は、インターネット関連事業を主たる事業対象としているため、インターネットの活用シーンの多様化、利用可能な端末の増加等のインターネットのさらなる普及が成長のための基本的な条件と考えております。インターネットの普及は引き続き進んでいるものの、今後どのように進展していくかについては不透明な部分もあります。インターネットに関する何らかの弊害の発生や利用等に関する新たな規制の導入、その他予期せぬ要因によって、今後の普及に大きな変化が生じた場合、当社の事業及び業績に影響を与える可能性があります。

② 「モニプラファンブログ」及び「モニプラ Facebook」への依存について

当会社は、「モニプラファンブログ」及び「モニプラfor Facebook」を運営しておりますが、いずれも顧客企業が展開するキャンペーン等に特化したサイトとなっております。そして当会社の事業は、「モニプラファンブログ」及び「モニプラfor Facebook」の利用者数等を背景としたものとなっております。このため新たな法規の導入等、予期せぬ事象によりサイトの利便性が低下し、競合サイトに対する競争力を喪失して利用者数が減少した場合やサイト運営が不能となった場合には、当会社の事業及び業績に影響を与える可能性があります

主力サービス

(1)サービスの差別化、競合優位性の確立

当会社は、「モニプラファンブログ」及び「モニプラfor Facebook」のサービス差別化及び競合優位性の確立が当社の発展に不可欠であると認識しておりますが、そのためには、「モニプラファンブログ」及び「モニプラfor Facebook」の機能強化、ユーザビリティの向上、知名度の向上が重要であると考えております。 機能強化及びユーザビリティの向上に関しましては、当会社が持つ技術力及びデザイン企画力を活かして、ユーザビリティを意識した、クオリティの高い機能をリリースする方針であります。 知名度の向上については、費用対効果を慎重に検討の上、積極的な広告・広報活動を推進することにより、ブランド力、認知度の向上を図る方針であります。上記により、会員ユーザー数、顧客企業数及びエンゲージメント数の増加を図り、サービスの差別化、競合優位性を確立して参ります。

(2)開発体制の構築

インターネット業界の技術革新のスピードは、非常に早く、またソーシャルメディアマーケティング市場では、新たなサービスや競合他社が続々と現れ、他社とのサービスの差別化、競合優位性の確立のためには、迅速な開発体制の構築が不可欠となります。これらを実現するために、社内エンジニアの技術向上、社外からの優秀なエンジニアの採用が特に重要であると考えております。 具体的には、定期的にエンジニア向けセミナーや勉強会を開催し、社内向けとしては、最先端の技術動向のキャッチアップと技術力の向上を図り、同時に、社外向けとしては、当会社の開発力を業界に対してアピールするとともに、優秀なエンジニアの採用を図って参ります。

(3)営業力の強化

当会社は小規模組織であることから、少数精鋭の人員体制で運営されており、営業部門は、「モニプラファンブログ」及び「モニプラ for Facebook」の運営により蓄積されたノウハウを活かした提案及び企画により、営業活動を推進して参りました。今後は、事業拡大により受注の獲得機会が増加することが予想されることから、営業力の強化、営業人員の早期育成に注力する方針であります。 具体的には、教育研修制度の拡充、営業ツールやマニュアル等の整備、外部ノウハウの活用、また、既存営業人員の育成と同時に、即戦力となる営業人員の採用を行い、営業力の強化を図って参ります。