企業名

株式会社ウィルグループ< 6089 >

本社所在地

〒164-0012 東京都中野区本町一丁目32番2号ハーモニータワー27 階

会社情報HP

http://willgroup.co.jp/profile/company

設立

平成18年4月3日

上場市場

東証2部

決算

3月

業種

サービス業

同業他社

UTホールディングス<2146> キングジム<7962>

沿革

平成9年1月
大阪市北区において現在は申請会社の連結子会社である株式会社セントメディアが設立され、テレマーケティング業を開始。

平成18年4月
純粋持株会社として株式会社ウィルホールディングス(平成24年6月、株式会社ウィルグループに商号変更)を設立し、事業会社の専門性の向上と経営資源の最適化を図るべく、グループ経営体制に移行。

事業内容

人材派遣、業務請負、人材紹介を主とする人材ビジネス

事業リスク

①特定事業の依存について

グループの主力事業はセールスアウトソーシング事業であり、連結売上高における構成比は41.7%となっている。今後、販売員の派遣・紹介、請負分野における他社との競争の激化等により、売上が減少した場合には、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

②事業の許認可ついて

グループ各社にて重大な法令違反が発生し、許可の取り消し、または事業の停止を命じられた場合には、労働者派遣事業を行えなくなり、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。また関係諸法令については環境の変化等に応じて改正される可能性があり、その改正内容によってはグループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

③スタッフの確保について

事業活動の重要な要素のひとつにスタッフの確保がある、グループの継続的な成長のためには質の高いスタッフを確保し続けることが重要な課題である。 就業意識の変化や雇用情勢の変化などにより。顧客のニーズに適合したスタッフや顧客の需要量に応じたスタッフ数が確保できない場合にはグループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

④社会保険料の負担について

グループでは社会保険への加入を徹底している。社会保険料の保険料率や対象範囲は社会的情勢によって適宜改正されていることから、社会保険制度の改正に伴い、会社負担金額が大幅に上昇した場合には、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

⑤競争の激化について

グループが属する人材サービス分野は、比較的少額の資本からでも参入が容易のため、多数の競合会社が存在し、今後さらに競争が激化することが予想される。競合会社が低価格競争に踏み切る等の競合の動向によっては、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

①セールスアウトソーシング事業

家電量販店等における販売業務を通しての支援サービス。商品はスマートフォン等のモバイルデバイスやブロードバンドが中心であり、接客、商品説明、申込み等の販売業務や販売スタッフのマネジメント、販売情報の収集・報告等の業務に従事するスタッフをチーム型にて派遣

②コールセンターアウトソーシング事業

コールセンターを運営する企業などの支援サービス。特に通信会社向けを中心とした情報提供、配送、アフターサービス、相談、苦情の受付、処理、解決等の業務に従事するスタッフをチーム型にて派遣または一般派遣

③ファクトリーアウトソーシング事業

食品、電気機器、電子機器、輸送用機器、化学・薬品、金属等の製造業における技術や人材管理ノウハウの提供

④その他

一般事務、ALT(外国語指導助手)の人材派遣・障がい者や看護師の人材紹介・スポーツセミナーの開催・イベントの企画