企業名

株式会社ウエスコホールディングス< 6091 >

本社所在地

〒700-0033 岡山県岡山市北区島田本町 2-5-35

会社情報HP

http://www.wescohd.co.jp/about/

設立

平成26年2月3日

上場市場

東証2部

決算

7月

業種

建設・土木

同業他社

太洋基礎工業<1758> ダイセキ環境ソリューション<1712>

沿革

平成26年2月
株式会社ウエスコが単独株式移転の方法により当社を設立し、当社普通株式を東京証券取引所市場第二部に上場(株式会社ウエスコは平成26年1月に上場廃止)

事業内容

総合建設コンサルタント事業、複写製本事業、不動産事業、スポーツ施設運営事業、指定管理事業

事業リスク

①公共事業の縮減

グループの主要事業である総合建設コンサルタント事業は、受注総額の9割程度を国および地方自治体が占めている。当事業における受注環境は、政府の政策により、東北地区の震災復興支援ならびに災害に強い安全・安心な国土づくりを中心として公共投資予算が重点配分されたことにより、一時的に改善の傾向が見られる。 しかしながら、建設分野における人手不足の問題が顕在化しており、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

②価格競争について

グループにおいて、公共事業に関わる市場の変化に伴い、価格競争がさらに激化した場合には、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

③流動性リスク

グループにおいて、予期せぬ事象により財務内容が悪化等した場合、必要な資金が確保できなくなり、資金繰りが困難になる場合や、資金確保に通常よりも著しく高い金利での資金調達を余儀なくされることにより、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

④金融商品の価格変動リスク

グループにおいて、保有している上場株式の時価および非上場の株式の価値ならびに債券価格などの下落が生じた場合には、グループの業績や財政状態に悪影響を与える恐れがある。

⑤製品品質に係るリスク

グループにおいて、独自の品質マネジメントシステムにより一貫した品質管理を体系的に行っているが、設計等に起因する瑕疵などの原因で生じる損害賠償等が発生する可能性がある。 なお、瑕疵担保保険に加入しているが、行政処分、技術力およびサービスに対する信用の失墜等により売上高に影響を与えることも考えられ、その場合には、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

①総合建設コンサルタント事業

建設コンサルタント、建築設計、補償コンサルタント、環境アセスメント、一般測量、航空測量、地質調査

②複写製本事業

陽画焼付、図面複写、各種印刷および製本等

③不動産事業

不動産の分譲、賃貸および住宅の販売

④スポーツ施設運営事業

スポーツ施設および関連施設の運営等

⑤指定管理事業

神戸市立須磨海浜水族園の管理運営等