企業名

フリークアウト< 6094 >

本社所在地

〒106-0032 東京都港区六本木6-3-1

会社情報HP

http://www.fout.co.jp/

設立

2010年10月

上場市場

東証マザーズ

決算

9月

業種

情報通信業

同業他社

沿革

平成22年10月
同社設立。

平成23年1月
DSP「FreakOut」をリリース。

平成24年5月
本社を東京都渋谷区神宮前に移転。

平成24年5月
スマートフォン向けサービスを開始。

平成25年10月
YouTubeにホスティングされた動画を利用した動画広告配信サービスを提供開始。

平成25年12月
株式会社イグニスと合弁事業会社M.T.Burn株式会社を東京都渋谷区に設立。

平成26年1月
本社を東京都港区六本木に移転。

事業内容

同社グループは、同社、連結子会社2社、関連会社2社により構成されております。当社グループは、「人に人らしい仕事を」というミッションを掲げ、RTB技術及びユーザーのウェブ行動ログや広告接触履歴データ、購買情報等をリアルタイムに解析するビッグデータ解析技術をコアとするDSP事業を展開しております。

同社グループは、平成23年1月にRTB技術の商用化を実現し、インターネット広告におけるリアルタイム広告枠取引を行うDSP「FreakOut」を広告主及び広告代理店に対して提供しております。 また、同社グループは、広告主がもつ自社(広告主)サイトのアクセスデータ、広告配信データ、会員データ、購買データなどのビッグデータを当社開発の解析ソフトウェアを用いて分析するDMP「MOTHER」を提供しており、DSPによる広告配信、メール配信など広告主の様々なマーケティング・チャネルの最適化支援を行っております。

事業リスク

① インターネットの普及について

同社グループが行うインターネット広告技術のひとつであるDSP事業は、精緻なターゲティング技術により、顧客である広告主及び広告代理店の効率的な広告配信をサポートするサービスであるため、インターネットの更なる普及及び利用拡大、企業の経済活動におけるインターネット利用の増加等が成長のための基本的な条件と考えております。しかしながらインターネットの普及に伴う弊害の発生や利用に関する新たな法的規制や業界団体による規制の導入、その他予期せぬ要因により、今後の普及及び利用拡大を阻害されるような状況が生じた場合、同社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。

② インターネット広告市場について

近年、インターネット広告市場は拡大傾向にあり、インターネット広告はテレビに次ぐ広告媒体となっております。しかしながら、広告市場は、景気動向や広告主の広告戦略の変化などによる影響を受け易い状況にあるため、今後これらの状況に変化が生じた場合、同社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。

主力サービス

(1) 開発力の更なる強化

RTB市場においては、ビックデータ解析能力、大規模なデータログの分析能力、迅速に広告主及び広告代理店のニーズに対応する実装速度が競争力の源泉となります。当社グループのエンジニアは、オンライン・マーケティング・ソフトウェア開発における専門性を有し、勉強会等を通じて開発力の強化を一層図ってまいります。また、上述の勉強会で当社グループをアピールしていくとともに、外部エンジニアとのコネクションを拡充して、優秀なエンジニアの確保を行っていく方針であります。

(2) 内部管理体制の強化

同社グループは現在、成長段階にあり、業務運営の効率化やリスク管理のための内部管理体制の強化が重要な課題であると考えております。このため、バックオフィス業務の整備を推進し、経営の公正性・透明性を確保するための内部管理体制強化に取り組んでまいります。具体的には、業務運営上のリスクを把握してリスク管理を適切に行うこと、定期的な内部監査の実施によるコンプライアンス体制の強化、監査役監査の実施によレート・ガバナンス機能の充実などを行っていく方針であります。

(3) 優秀な人材の確保と組織体制の強化

同社グループは、今後のさらなる成長のために、優秀な人材の確保及び当社の成長フェーズに沿った組織体制の強化が不可欠であり、かつ、課題であると認識しております。新卒採用の強化やソーシャルメディアの活用等、採用方法の多様化を図り、当社グループの求める資質を兼ね備えており、かつ、同社グループの企業風土にあった人材の登用を進めるとともに、教育体制の整備を進め人材の定着と能力の底上げを行ってまいります。 それにより、着実に組織体制の強化も図ってまいります。