企業名

丸紅<8002>

本社所在地

〒100-8088東京都千代田区大手町1-4-2

会社情報HP

http://www.marubeni.co.jp/

設立

1949年12月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

卸売業

同業他社

天龍木材<7904>カイゲン<8000>伊藤忠商事<8001>

沿革

1872年 明治5年
長兵衛、「伊藤長兵衛商店」創業、忠兵衛、大阪に「紅忠(べんちゅ う)」出店

1921年大正10年
伊藤忠商店と伊藤長兵衛商店が合併し、丸紅商店設立

1949年昭和24年
丸紅株式会社設立

1950年昭和25年
大阪・東京証券取引所に上場

1972年昭和47年
「丸紅株式会社」に社名変更

事業内容

国内外のネットワークを通じて、食料、繊維、資材、紙パルプ、化学品、エネルギー、 金属、機械、金融、物流、情報関連、開発建設そ の他の広範な分野において、輸出 入(外国間取引を含む)及び国内取引の他、各種サービス業務、内外事業投資や資 源開発等の事業活動を多角的に展開している。

事業リスク

1.営業活動全般に係るリスクについて
(1)日本及び世界経済が及び連結子会社に与える影響については、日本を含む60ヶ 国以上の国々に拠点を置いて事業活動を展開している総合商社である。連結子会社 は、日本及び海外の幅広い産業分野において、資源等の一次産品の生産・調達や製 品の製造・販売も含め、様々な商業活動及び投資活動を展開しているため、日本及 び関係諸国の経済状況や世界経済全体の影響を受けており、これらの悪化又は低迷 は、及び連結子会社の営業活動、業績、財政状態に悪影響を及ぼす可能性がある。
(2)取引先の信用リスクについて、連結子会社は、取引先に対し営業債権、前渡金、貸 付金、保証その他の形で信用供与を行っており、また、営業活動の一環として取引先 との間で商品供給契約、請負契約、業務委託契約等の契約を締結しているので、取 引先の債務不履行や契約不履行等による信用危険の負担(信用リスク)が生じた場合 には、及び連結子会社の業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性がある。 上記の信用リスクの未然防止のため、連結子会社は、信用供与の実施に際してリスク 管理を徹底しているが、それでもこれらの信用リスクが顕在化する可能性がある。なお 、信用リスクが顕在化した場合の損失に備えるため、連結子会社では取引先の信用 力、担保価値その他一定の前提と見積りに基づいて貸倒引当金を設定しているが、 実際に発生する損失がこれを超過する可能性がある。
(3)投資等に係るリスクについて及び連結子会社は、単独又は他社と共同で新会社の 設立や既存会社の買収等の事業活動を行っている。これら事業投資の多くは多額の 資本を必要とし、連結子会社が希望する時期や方法で撤退できない可能性や、追加 資金拠出を余儀なくされる可能性がある。

主力サービス

エネルギー27%、食料29%、化学品9%、金属6%、輸送機5%、プラント・産業機械 3%、他21%