企業名

ヨンドシーホールディングス<8008>

本社所在地

〒141-0021東京都品川区上大崎2-19-10

会社情報HP

http://www.yondoshi.co.jp/

設立

1950年5月

上場市場

東証1部

決算

2月

業種

小売業

同業他社

スギホールディングス<7649>ヴィア・ホールディングス<7918>スクロール<8005>

沿革

1950年05月
繊維製品の販売を目的として資本金200万円にて広島市稲荷町に「十和 織物株式会社」を設立

1951年02月
商号を「十和株式会社」に変更

1972年12月
広島証券取引所に株式を上場

1991年09月
「株式会社十和」を「株式会社アスティ」に商号変更

2000年03月
「株式会社アスティ」東証2部に上場

2006年09月
「株式会社アスティ」・「株式会社エフ・ディ・シィ・プロダクツ」の共同持株会社 「株式会社F&Aアクアホールディングス」へ商号変更、東証1部銘柄へ指定

2013年09月
「株式会社F&Aアクアホールディングス」を「株式会社ヨンドシーホール ディングス」に商号変更

事業内容

ジュエリーを中心とするブランド事業 アパレル・バッグを中心とした企画・製造・卸売事業 小売事業

事業リスク

(1) 原材料価格高騰リスクについて グループの主力商品であるジュエリーの主原材料はプラチナ等であり、国際市場商品 であるため、流通価格及び為替市場の変動による高騰を販売価格に完全に転嫁でき ない可能性がある。

(2) 衣料消費の動向や気象条件によるリスクについて グループは、売上の大部分を国内の専門店や量販店の売上に依存しており、個人消 費、衣料消費の動向に左右されることが考えられる。また、冷夏、暖冬等の気象条件 が市場動向を大きく左右し、グループの経営成績に影響を及ぼす可能性がある。

(3) 為替リスクについて グループにおける海外生産商品については、現地工場との直取引のウエイトが上がっ てきている。これの決済通貨はUSドルが主体となっており、円貨の対USドルレートの 変動によっては経営成績に影響を及ぼす可能性がある。

(4) ブランドの競合によるリスクについて エフ・ディ・シィ・プロダクツグループの主力商品であるジュエリー、バッグ等のファッシ ョン商品は、海外ブランドも含め多くの競合ブランドが存在している。オリジナリティの ある、高品質な商品とサービスの提供に全力を傾注してまいりますが、予測しえない競 合状況が発生し、ブランド競争力が低下した場合には、経営成績に影響を及ぼす可 能性がある。

(5) カントリーリスクについて グループでは、海外一貫管理体制の構築に向けて、ベトナムや中国等、海外生産背 景の充実・強化に取り組んでいる。また、エフ・ディ・シィ・プロダクツグループにおきま しても、中国に店舗を設けている。しかしながら、これらの海外拠点において、政治・経 済情勢の悪化、政変、治安の悪化、テロ・戦争等の発生により生産活動や販売業務に 問題が生じた場合には、グループの経営成績に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

エフ・ディ・シィ・プロダクツグループ53%、アスティグループ19%、三鈴12%、アージュ 16%