企業名

アイナボホールディングス< 7539 >

本社所在地

東京都足立区鹿浜3-3-3

会社情報HP

http://www.avelco.co.jp/

設立

1955年3月

上場市場

JASDAQスタンダード

決算

9月

業種

卸売

同業他社

久世<2708>トシン・グループ<2761>

沿革

2009年2月
アベルコベトナム株式会社 設立

2010年4月
ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券 取引所(JASDAQ市場)に株式を上場

2010年10月
大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取 引所NEO市場の各市場の統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード )に株式を上場

2013年2月
株式会社インテルグロー株式取得による子会社化

2013年7月
東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所 JASDAQ(スタンダード)市場に上場

2013年10月
吸収分割契約に基づき、当社の全ての事業を株式会社アベルコに 継承し、持株会社体制へ移行 商号を株式会社アイナボホールディングスに変更

事業内容

タイル・住宅機器・衛生設備機器・空調機器・管材・輸入石材の卸販売及び設 計施工・工事請負

事業リスク

(1)特定の仕入先への依存について
平成24年9月期の連結ベースにおける商品及び材料仕入額の39.6%が株式会社 LIXILからの仕入となっております。今後何らかの要因により同社との取引 が不能となった場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

(2)グループの事業と業界及び市場の動向について
属する業界は、いわゆる建設業界であり、そのなかでも、タイル及び住宅設 備機器・空調機器に関する「工事事業」及び「商品販売事業」を二つの柱とし ております。当連結会計年度において連結売上高に占める「完成工事高」は 、75.2%、「商品売上高」は24.8%である。  このように、建設業における専門工事を中核事業としている。このため業界 の慣行等も併せて売上債権の回収管理を含む与信管理が経営上の重要な課題で ある。当該課題に関して、業界及び市場の動向にも絶えず注視し与信管理を徹 底しているが、多額の不良債権が発生した場合には、当社グループの経営成績 及び財政状態等に大きな影響を及ぼす可能性がある。  また、建設業界は、景気の変動及び政府の経済政策等の影響を強く受けやす い業界であり、市場のニーズに柔軟に対応できなければ当社グループの経営成 績及び財政状態等に大きな影響を及ぼす可能性がある。

(3)法規制について
会社法、金融商品取引法、法人税法、独占禁止法及び建設業法等の法規制を 始め、品質に関する基準、環境に関する基準、会計基準等、事業展開している 国内外のさまざまな法規制の適用を受けており、社会情勢の変化等により、将 来において、改正や新たな法的規制が設けられる可能性がある。その場合には 当社グループの経営成績及び財政状態等に影響を及ぼす可能性がある。

(4)減損会計に伴うリスクについて
事業用不動産として複数の土地及び建物を所有しております。固定資産に対 する減損会計により、減損処理が必要となった場合につきましては、当社グル ープの経営成績及び財政状態等に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

タイル・住宅機器・衛生設備機器・空調機器・管材・輸入石材の卸販売及び設 計施工・工事請負