企業名

ゼンショーホールディングス< 7550 >

本社所在地

〒108-0075東京都港区港南2-18-1JR品川イーストビル TEL03-68...

会社情報HP

http://www.zensho.co.jp/jp/index.html

設立

1982年06月30日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

小売業

同業他社

スリーエフ <7544> 西松屋チェーン <7545> サンクスジャパン<7548>

沿革

1982年06月
設立し、神奈川県横浜市鶴見区に横浜工場併設の本社を設置。

1997年08月
日本証券業協会に株式を店頭登録。

1999年09月
東京証券取引所第二部市場へ上場。

2001年09月
東京証券取引所市場第一部銘柄指定。

20011/10/1
2011年10月1日付で株式会社ゼンショーホールディングスに商号 変更し持株会社体制へ移行。

事業内容

外食事業、小売事業

事業リスク

(1)原材料の調達について
今後、米国BSE問題や鳥インフルエンザ問題に象徴されるような疫病の発生 、天候不順、自然災害の発生等により、調達不安や食材価格の高騰などが起こ り、グループの経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性がある。

(2)食品の安全管理について
グループでは、安全でおいしい商品をお客様に提供するために品質管理、衛 生管理を徹底しているが、万一、集団食中毒などの衛生問題が発生した場合、 企業イメージの失墜等によって、グループの経営成績及び財政状態に悪影響を 及ぼす可能性がある。

(3)法的規制について
グループでは、会社法、金融商品取引法、法人税法等の一般的な法令に加え 、食品衛生法、労働基準法、容器包装リサイクル法など店舗の営業にかかわる 各種法的規制や制度の制限を受けている。これらの法的規制が強化された場合 、それに対応する為の新たな費用が発生することにより、グループの経営成績 及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性がある。

(4)主力事業への依存について
グループは現在、主として牛丼カテゴリー、レストランカテゴリー、ファス トフードカテゴリーで構成されており、グループの拡大を通じて単一業態に頼 らない体制の構築を行っている。しかしながら、食材調達リスク等の影響を一 つの業態が受けた場合、グループの経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可 能性がある。

(5)M&Aした業態の業績について
グループは、これまで新規出店とともに、M&Aにより業容の拡大を図ってき た。M&Aに際しては、専門の部署におけるデューデリジェンスにより、対象と なる企業の調査を多角的な見地から慎重に行っているが、当初計画した収益改 善ができない他、経営陣、従業員、お客様をM&A後において維持することがで きない可能性がある。また、M&A後において、偶発債務の発生や未認識債務が 発生する可能性がある。このような場合には、グループの経営成績及び財政状 態に悪影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

外食93%、小売7%