企業名

美津濃< 8022 >

本社所在地

〒559-8510大阪市住之江区南港北1-12-35

会社情報HP

http://www.mizuno.co.jp/

設立

1923年07月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

その他製品

同業他社

サンウエーブ工業<7993> 岡村製作所<7994> くろがね工作所<7997>

沿革

1906
水野利八、弟利三と大阪北区で「水野兄弟商会」を 創業。洋品雑貨のほか野球ボールなどを販売

1910年
店舗を大阪梅田新道に移転。同時に「美津濃商店 」と改名

1927年
大阪淀屋橋に本社屋完成

1942年
「美津濃株式会社」に社名変更

1961年
大証第二部に上場

1962年
東証第二部上場

1972年
東証、大証第一部に上場

事業内容

スポーツグッズ、スポーツウエアなどスポーツに関わる製 品の製造、卸売、販売。各種スクール事業。

事業リスク

(1)グローバルな事業展開において潜在するリスク グループは、世界各地域において販売拠点や生産拠点を置 くなど積極的に海外進出を推進している。販売拠点は、欧 州、北米、アジア、オーストラリアなどにおいて、現地法 人及び支店として展開していることに加え、現地の販売代 理店を経由して製品の販売を行っている。また、中国、イ ンドネシア及びベトナムなどには、スポーツシューズ、ス ポーツウェア及びゴルフクラブなどグループの主力商品を 製造している自社工場やOEM委託工場が存在している。こ れらのグル―バルな事業展開には、、進出先における予測 不能な法令・規則の変更が行われたり、テロ戦争・暴動ス トライキその他の要因による政治的・社会的・経済的混乱 などが発生した場合には、グループのその後の事業展開が 継続できない恐れがあり、業績等に影響を及ぼす可能性が ある。

(2)為替レートの変動グループは、世界各地域で製造・・ 販売等の事業活動を行っているが、グループ各拠点の外貨 取引は為替レートの変動の影響を受ける。グループ各拠点 は、為替変動の影響を最小限に留める為にリスクヘッジ手 段として先物為替予約取引を行っているが、予想を大きく 上回るなど不測の変動が生じた場合には、影響を及ぼす可 能性がある。

(3)グループはが定めた厳格な品質管理や品質保証に係る 既定のもと、製品の生産を行っているが、スポーツやアウ トドアなどアクティブな状況で使用される製品は、基準の 想定を上回り破損し、破損によりユーザーや第三者を負傷 させせたり、器物の損傷を招くなどの潜在的なリスクを有 している。グループは、製造物責任保険に加入し、不意の 訴訟や賠償要求に備えているが、保険で十分にカバーでき るという保証はない。また、万一、リコールが発生した場 合には、製品回収・交換・設計変更などによる多大なコス ト増大やブランドイメージや社会的評価の低下とそれに伴 う売上高減少を招くことになり、グループの業績等に影響 を及ぼす可能性がある。

(4)グループが製造・販売する商品に関しては、天然皮革 、天然樹脂、木材、、金属及び石油製品などを原材料とし て使用している。これらの原材料は資源価格の変動リスク にさらされており、不測の資源価格の上昇が発生した場合 には、原材料コストの増大によってグルーープの業績等に 影響を及ぼす可能性がある。

(5)情報セキュリティに関するリスクグループが、顧客に 対して商品販売やサービス提供を行うに際しては、顧客の 情報管理に最大限に注意を払い漏洩しないための情報シス テム防御を実行している。しかしながら、第三者等による 情報システムへの意図的な侵入が行われたり、様々な原因 や理由によって情報システムが停止するなどの問題が予想 され、それによって個人を含む顧客情報の漏洩や流出が発 生するリスクが存在する。万一、この様な事態が発生した 場合には、顧客からの損害賠償請求や信用の失墜により、 グループの業績等に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

スポーツ用品販売85%他15%