企業名

トーメンエレクトロニクス< 7558 >

本社所在地

〒108-8510東京都港区港南2-3-13品川フロントビル TEL03-5462...

会社情報HP

http://www.tomen- ele.co.jp/

設立

1972年09月06日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

卸売業

同業他社

ウェッズ <7551> ハピネット <7552> 大田花き<7555>

沿革

1972年 9月
帝人株式会社(出資比率80%)及びアイ電子測器株式会社(出資 比率20%)の合弁により、 当社(旧商号:帝人アドバンストプロダクツ株式会 社)を設立

1984年 2月
株式会社トーメンの子会社である株式会社トーメンエレクトロニ クスを吸収合併(当社が存続会社)し、 商号を株式会社トーメンエレクトロニ クスに変更

1997年09月
当社株券が日本証券業協会に店頭登録

1999年11月
当社株券が東京証券取引所市場第二部に上場

2001年03月
当社株券が東京証券取引所市場第一部に指定

事業内容

半導体事業、情報通信機器・応用システム事業、その他事業

事業リスク

(1)経済状況
グループの取扱商品の需要は、顧客である大手電子機器メーカー及び日系電 子機器メーカーが所在する国または地域の経済状況の影響を受ける。日本、ア ジア、北米を含むグループの主力市場であるエレクトロニクス業界の再編・統 合や、景気後退及びそれに伴う需要の縮小は、グループの業績及び財政状態に 影響を及ぼす可能性がある。

(2)顧客の状況
グループの顧客である大手電子機器メーカーの業績の低迷や海外への生産拠 点の移動に伴う商権の流失や納品した商品のクレーム及び訴訟は、グループの 業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性がある。グループは国内に8営業拠点 を設け、海外には子会社を含め18ヶ所の拠点網を擁し、積極的にグローバル化 を進めてきており、顧客満足度をさらに高めて取引の拡大を図っていく。

(3)仕入先の状況
グループは、外国系半導体メーカーの半導体を主に販売している。仕入先と の販売代理店契約は、契約期間は主として1年間であり、その後は1年毎の自 動更新であるが、事前文書による契約解除条項が織り込まれている。契約が解 除された場合は、グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性がある。  また、仕入先の監査等による顧客テリトリーの見直し等から生ずる商権の流 失及び仕入先の経営不振または製品競争力の低下による取引の消滅は、グルー プの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性がある。

(4)為替相場の変動
グループは、事業を積極的にグローバル展開してきており、各地域における 収益、費用を含む現地通貨建ての項目は、連結財務諸表作成のために円換算さ れている。換算時の為替相場により、これらの項目は元の現地通貨における価 値が変わらなかったとしても、円換算後の価値が影響を受ける可能性がある。 グループの取引は外貨建てによる輸入及び輸出の比率が高くなっている。外貨 建て取引については、為替予約等により為替相場の変動によるリスクを最小限 に止める努力をしているが、為替相場の変動は、グループの業績及び財政状態 に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

半導体70%、情報通信機器・応用システム15%、他15%