企業名

ワークマン< 7564 >

本社所在地

群馬県伊勢崎市柴町1732

会社情報HP

http://www.workman.co.jp/

設立

1982年8月

上場市場

JASDAQスタンダード

決算

3月

業種

小売

同業他社

ジーフッド<2668>シー・ヴィ・エス・ベイエリア<2687>

沿革

2012年
700店舗達成

2011年
福岡県初出店

2009年
山口県初出店

2008年
600店舗達成 高知県初出店

2007年
伊勢崎流通センター増床・改築 小牧流通センターを増床

2006年
徳島県・愛媛県初出店

2005年
香川県初出店

2004年
岡山県・広島県初出店

事業内容

フランチャイズシステムによる作業服及び作業関連用品の専門店チェーン

事業リスク

(1)商品の仕入体制について
小売業界におきましては、消費者の低価格志向に対応するため、製造は主に 中国で行っている。販売する商品の多くも、国内の取引メーカーの企画や当社 との協同企画で中国において製造した商品を輸入し、加盟店に納品する形態を 取っている。  商品仕入において中国への依存度が非常に高くなっているため、当社では、 仕入ルートの分散化に取り組んでおりますが、中国の政治・経済に予測しがた い事態が発生し、製品の輸入に支障をきたした場合、不足した商品を中国以外 から調達することにななる。  その際、不足数量が多いほど調達に時間がかかり、販売の機会損失が想定さ れ、当社の業績に影響を及ぼす可能性がある。

(2)店舗の運営形態について
主にに個人と加盟店A契約及び加盟店B契約を締結し、チェーン展開を進め ておりますが、加盟店希望者がいない店舗はトレーニング・ストアとして、当 社の社員による運営を行っている。  今後、経済環境の変化や同業他社との競争等で個店売上が低迷すると、加盟 店希望者もしくは加盟店契約の継続を希望する加盟者が減少する可能性がある 。そのような事態が発生した場合、店舗を運営する社員を増やすことで人件費 等の増加を招き、当社の業績に影響を及ぼす可能性がある。

(3)リース資産の減損損失発生のリスクについて
店舗にかかる資産の多くをリースしており、リース会計が適用されたことに より、リース店舗の収益性が悪化した場合、リース資産の減損損失が発生し、 当社の業績に影響を及ぼす可能性がある。

(4)地震等の発生による影響について
店舗が集中している関東地方や東海地方において、大規模な地震発生による 火災などの自然災害が発生した場合、インフラ機能の麻痺による情報機能や物 流機能の低下、流通センターや店舗などの設備に損害が発生することが想定さ れ、これらの復旧作業のための費用の発生や、店舗の営業に支障をきたし、経 営成績に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

フランチャイズシステムによる作業服及び作業関連用品の専門店チェーン