企業名

旭ダイヤモンド工業< 6140 >

本社所在地

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1ニューオータニガーデンコート

会社情報HP

http://www.asahidia.co.jp/

設立

1937年10月9日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

機械

同業他社

三菱マテリアル<5711> ディスコ<6146>

沿革

ダイヤモンド工具の製造販売を目的として、東京都品川区に旭ダイヤモンド工業株式会社を設立。

1992年
本社を東京都千代田区紀尾井町ニューオータニガーデンコートに移転。

2002年
旭ダイヤモンドアメリカと上海旭ダイヤモンド工業を設立。

2013年
株式会社是村を子会社化。

事業内容

主に電子・半導体業界、輸送機器業界、機械業界、石材・建設業界向けに、ダイヤモンド及びCBN工具、及び砥石の製造・販売を行っている。

事業リスク

①原材料の調達

主な原材料として天然・人工ダイヤモンドや各種金属を使用している。今後、これらの調達において、供給元の操業停止又は供給能力の制約、原材料価格の高騰、原料需給の逼迫などにより、必要な原材料の調達ができなくなった場合、財政状態及び経営成績に悪影響を及ぼす可能性がある。

②景気動向

電子・半導体、輸送機器、機械、石材・建設などの広範囲の業界に対し、ダイヤモンド工具を供給しているが、景気変動が各業界の取引先へ影響を与える場合、工具の需要にも影響を受ける事となる。今後、十分な受注が確保できなくなった場合、財政状態及び経営成績に悪影響を及ぼす可能性がある。

③他社との競合

競合他社との技術・納期・価格競争などが日々行われるなか、高品質化・短納期化・技術サービスの充実化などに努めているが、今後、競合他社との競争に対して、迅速かつ適切に対応できず、十分な収益性が確保できなくなった場合、財政状態及び経営成績に悪影響を及ぼす可能性がある。

④品質問題

品質管理基準に従って製造活動を行っているが、すべての製品について欠陥がなく、クレーム費用が発生しないという保証はない。今後、大規模なクレームの発生により、多額のコストが発生した場合、財政状態及び経営成績に悪影響を及ぼす可能性がある。

⑤海外事業

アジア・オセアニア、欧州、北米などに活動拠点を有し、事業のグローバル化を展開している。今後、政治情勢の変化、法的規制の変更、労働争議の発生、疫病の発生、為替の変動及びテロ・戦争の勃発など予期しない様々な問題が生じた場合、財政状態及び経営成績に悪影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

①自動車・電機・軸受

・カムシャフト研削用「VTシリーズ」
・内面研削用「VSシリーズ」
・サンパックス及び サンナイト切削工具 リーマ・エンドミル

②機械・工具・金型

・ダイヤモンドホイール(各種切削工具研削用、各種金型研削用など)
・CBNホイール(メタルボンドホイール、レジンボンドホイールなど)

③半導体・電子部品

・シリコンインゴット切断 電着ハンドソー
・外周研削・オリエンテーションフラット加工
・精密カッティングホイール

④ガラス・セラミックス・磁性材料

・ダイヤモンドホイール(光学用ガラス精密研削用、板ガラス面取り用など)
・希土類磁石加工用 「サンネオシリーズ」
・電着軸付ホイール「セラメイトシリーズ」

⑤石材

・ポータブルカッタ
・ソーブレード
・ワイヤソー