企業名

西部電機株式会社< 6144 >

本社所在地

〒811-3193 福岡県古賀市駅東三丁目3番1号

会社情報HP

http://www.seibudenki.co.jp/company/data.html

設立

昭和14年2月

上場市場

東証2部

決算

3月

業種

産業機械

同業他社

ユーシン精機<6482> 兼房<5984>

沿革

昭和2年1月
東邦電力(現 九州電力㈱)の電気機械工場であった「東邦電機工作所九州工場」福岡県福岡市大字比恵(現 福岡市博多区博多駅前)を引き継ぎ、同地に西部電気工業所を創立。電気機械器具(変圧器・モータ・発電機)、電気計器の製造・修理を開始。(創業)

昭和14年2月
西部電機工業株式会社に改組(資本金18万円)。(設立)

事業内容

「搬送機械事業」と「産業機械事業」における製造販売、アフターサービス活動及び「その他の事業」における機械機器部品・立体駐車装置販売、駐車場運営

事業リスク

①顧客の経営成績及び景気動向

グループには設備機械関連の商品があるため、顧客の経営成績及び顧客の属する業界の景気動向が、グループの受注、売上に影響する可能性がある。また零細企業との取引もあり、これらの企業は好不況の影響を受けやすい面がある。

②価格競争

グループの属する業界は、競合会社の多い業界である。顧客ニーズに応えるために競合他社にはないオンリーワン商品の開発に注力しているが、他社と競合する場合は価格競争となることがある。これが販売価格の低下を引き起こす可能性がある。

③公共投資の影響

グループには、公共投資関連向けの商品があり、これらの商品の受注、売上は、政府や地方公共団体の政策に影響を受ける可能性がある。また下半期に売上が集中するために、生産も上期、下期のアンバランスが生じている。よって売上は年度当初の立ち上がりが遅い等の影響を受ける。

④海外環境

海外への輸出(特にアジア)も行っているため、為替相場、輸出相手国の景気動向、政情不安及び自然災害等が、グループの海外向けの受注、売上に影響する可能性がある。 また、グループの商品の殆どが鉄鋼、鋳物等の金属部品を原材料としており、わが国の金属の調達は海外依存度が高いために、海外の景気や為替の変動、政情不安等の社会的混乱によって、原材料価格が変動する懸念を有しており、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

⑤新商品開発力

開発のための経営資源は、企業規模から一定の制約があるので、開発テーマは重点を絞らざるを得ない。このため新たに開発した商品・システムが市場ニーズに的確にマッチしない場合は、業績が低下する可能性がある。 また、顧客のニーズは常に変化しており、その変化のスピードに対応できる新商品開発力が必要となる。

主力サービス

①搬送機械事業

立体自動倉庫、搬送・ハンドリングシステム、FAシステムなど

②産業機械事業 産機部門

バブルアクチュエータ、ゲート駆動装置

③産業機械事業 精密機械部門

超精密・高精度ワイヤ放電加工機、高精密小形NC旋盤、高精密自由形状研削加工機