企業名

株式会社太陽工機 < 6164 >

本社所在地

〒940-2045 新潟県長岡市西陵町221-35

会社情報HP

http://www.taiyokoki.com

設立

1986年3月

上場市場

JASDAQ

決算

3月

業種

機械

同業他社

小池酸素工業<6137> ダイジェット工業<6138>

沿革

1986年3月
有限会社太陽工機設立

1988年
有限会社太陽工機から株式会社太陽工機に組織変更。新潟県長岡市南陽に本社工場完成、工作機械事業を本格的に開始

1991年
立形研削盤を発売開始

1994年
株式会社池貝が資本参加(持株比率64.0%)し、株式会社池貝の連結子会社となる

2001年
株式会社池貝の民事再生法申請を受けて、株式会社森精機製作所が資本参加(当初持株比率40.0%)し、株式会社森精機製作所の連結子会社となる

2005年
本社工場を現在の新潟県長岡市雲出工業団地に新設し、移転。立形研削盤(標準機)NVGシリーズを開発し、製造販売を開始

2007年
ジャスダック証券取引所に株式を上場

2008年
立形研削盤NVGHシリーズを開発し、製造販売を開始

2010年
大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取引所NEO市場の各市場の統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場

事業内容

工作機械(各種研削盤)の開発・製造および販売

自動車部品や産業機械部品等の製造過程における仕上加工(研削加工)を行う研削盤の製造・販売を主たる業務とし、また関連業務としてサービス及びパーツの提供を行う。

事業リスク

① 設備投資動向の変動について

研削盤の主要需要先である各メーカーの設備投資動向が当社の経営成績や財政状態に影響を及ぼす可能性がある。当事業年度においては、主に自動車関連メーカー及び工作機械関連メーカーからの受注実績があるが、こうした需要先企業の設備投資動向によっては、当社の経営成績や財政状態に大きな影響を及ぼす可能性がある。

② 市場規模について

当社が主力とする立形研削盤は、社団法人日本工作機械工業会の統計では円筒研削盤や平面研削盤に属さない「その他数値制御研削盤」に属している。この市場は、工作機械市場全体に対する規模が小さく、需要拡大のポテンシャルを内包しつつも景気変動や技術開発動向に影響を受けることの多い未成熟な市場であるともいえる。需要先分野の設備投資計画の変更等何らかの要因により、研削盤市場へ影響を受けた場合には、当社の経営成績や財政状態に影響を及ぼす可能性がある。

③ 製品の瑕疵発生について

当社は、主として顧客仕様に基づく研削盤を1台毎に製造する受注生産方式により生産を行っている。当社では生産工程の見直しや各生産段階での品質チェックの徹底により、製品における瑕疵をなくし、高水準の品質を維持し向上させることに努めているが、これらの製品については高い精度が求められていることから、不具合の発生により顧客の信頼を失う可能性がある。この場合、製品保証コストの増大につながることにとどまらず、風評リスクが発生する可能性があり、当社の経営成績や財政状態に影響を及ぼす可能性がある。

④ 製造原価の上昇について

当社は、主として鉄鋼・非鉄金属・原油等の素材を原材料とした製品を生産しており、素材価格の上昇によって製造原価が上昇する可能性がある。また、急激な受注の増加により時間外労働が増加する等、労務費等の製造原価が利益を圧迫した場合には、当社の経営成績や財政状態に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

① 立形研削盤

当社の独自の技術において開発した垂直方向からワークピースを削る研削盤であり、重力の影響を受けることなく部品の内外径・端面・テーパ加工(注)を効率的に加工することが可能

② 横型研削盤

CNC内面研削盤のベストセラーで研削スピンドル2本仕様のIGHシリーズを始め、円筒研削盤のCGNシリーズ、MGSシリーズと用途に応じた製品を展開

③ その他の事業

・株式会社森精機製作所 工作機械の製造及び販売