企業名

ヤマシンフィルタ株式会社< 6240 >

本社所在地

〒231-0062 神奈川県横浜市中区桜木町1-1-8 日石横浜ビル16F

会社情報HP

http://www.yamashin-filter.co.jp/corporate/index.html

設立

1956年4月5日

上場市場

東証2部

決算

3月

業種

産業機械

同業他社

木村化工機<6378> カワタ<6292>

沿革

1956年4月
フィルタの製造販売会社として東京都大田区に山信工業株式 会社を資本金500千円で設立

事業内容

建設機械用フィルタ、産業用フィルタ、プロセス用フィルタ及び関連部 品の製造・販売

事業リスク

1特定市場の依存度について

グループの事業活動は、平成26年3月期において、建機用フィルタ市場向 け売上高が89%を占めており、中長期の事業展開も当該売上高の割合が 高く推移するものと計画している。景気停滞、公共投資低迷などの原因に よる建設機械メーカ各社の業績が悪化した場合、またはグループの強み である作動油フィルタに対する建設機械の構造革新や油圧動力に替わる 新たな技術革新などが起きた場合には、建機用フィルタの売上高が減少 し、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

2他社との競合について

グループ製品の主要市場である油圧ショベル市場は、中長期的には、新 興国での市場の拡大を予測している。新興国市場においては、模倣品や 廉価品の台頭が予想され、グループでは、継続して日系大手の建設機械 メーカを中心に純正部品として建機用フィルタ及び関連部品を安定供給 することに努めるが、今後、新興国において競合他社の模倣品・廉価品 の販売が伸長した場合には、建機用フィルタの売上高が減少し、グル ープの業績に影響を及ぼす可能性がある。

3為替レートの変動について

生産拠点を日本及びフィリピンに擁し、販売拠点を日本・アメリカ・ベル ギー・タイ及び中国に擁している。原材料調達、販売等の営業活動、海外 事業等による外貨建資産及び負債は、為替レート変動の影響を受ける 恐れがあり、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

4金融市場の変動について

運転資金を主に金融機関からの借入金で調達しており、当連結会計年度 末(平成26年3月31日)時点における有利子負債は16億85百万円(リ ース債務含む)で総資産に対する有利子負債依存度は19.5%となってい る。 グループでは、借入金等の有利子負債の圧縮に努めているが、今後の市 場金利の動向によっては、グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす 可能性がある。

5公的規制等について

グループの事業活動は、各国の政策動向やその国固有の規制等の影響を 受けており、今後、事業展開するにあたって、新たな関税、通貨規制、税 制度等が導入された場合には、これらの対応コストの発生により、グル ープの業績に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

1建設用フィルタ

作動油用フィルタ、トランスミッション用フィルタ、燃料用フィルタ、エ ンジンオイル用フィルタ

2産業用フィルタ

ラインフィルタ

3プロセス用フィルタ

糸巻フィルタ、不織布フィルタ、メンブレンフィルタ