企業名

三井海洋開発< 6269 >

本社所在地

〒103-0027 東京都中央区日本橋2-3-10 日本橋丸善東急ビル

会社情報HP

http://www.modec.com/jp/

設立

1987年6月1日

上場市場

東証1部

決算

12月

業種

機械

同業他社

川崎重工業<7012> 三井造船<7003>

沿革

1968年
前身である旧三井海洋開発株式会社を設立。

2003年
三井海洋開発株 式会社に商号を変更。

2004年
東証1部上場。

2006年
SOFEC社を子会社化 した。

事業内容

PSO、FSO及びTLPといった浮体式海洋石油・ガス生産設備の設計・建造・据 付、販売、リース及びオペレーションを主な事業とする。

事業リスク

①プロジェクト1件当たりの受注高が多額であること

海洋油田の規模や石油生産量に対応して、浮体式海洋石油・ガス生産設備は大 型化する傾向にある。当社がFPSO等の建造を行う場合の受注額は、最近にお いては1件につき1千億円を超える大規模なものとなっている。FPSO等の建 造には2年から3年を要するが、工事進行基準にて計上する売上高は、特定の 事業年度に集中することが多くなる。従って、受注または進行中のプロジェク トの販売形態、数、受注規模及びFPSOを保有する事業会社への出資比率によ って、業績は大きく変動する可能性がある。

②石油開発会社の開発動向

原油価格の高値圏での推移が続いていることから石油開発会社の開発投資に対 する意欲は高く、海洋油田の発見が探査の行われていなかった大水深海域に拡 大していることを背景として、浮体式海洋石油・ガス生産設備の稼働数及び発 注数は増加してきた。しかし、原油価格の下落が続いた場合や、海洋油田が所 在する国や地域における政治・経済等の情勢が著しく変化して原油価格が変動 、低迷するような場合には、石油開発会社の投資動向が影響を受ける可能性が ある。石油開発会社が投資を縮小する場合、まず探鉱活動に対する投資から着 手するが、長期にわたって市況が低迷すると開発投資を縮小することになり、 影響を受ける可能性がある。

③進行中のプロジェクトの中断等によるリスクについて

石油開発会社に提供しているFPSO等のリース、チャーター及びオペレーショ ンに関わるサービスは、契約期間も長期にわたっており、安定した収入を期待 できる事業である。操業を行っている海域における台風等の自然災害や、鉱区 を保有する国の政情などによってサービスの提供が中断するリスクについては 、客先である石油開発会社との契約において免責を明文化することや保険の付 保といった手段によって損害が及ばないように努めている。しかし、事前に予 期することが困難な事態の発生によってプロジェクトが中断した場合には、業 績に一時的な影響を及ぼす可能性がある。

④為替変動の影響について

海外での事業を中心としており、連結売上高に占める海外売上高の割合は平成 25年12月期においてほぼ100%となっている。販売先やFPSO等の建造工事に 係る仕入先及び外注先など取引先の多くは海外の企業であるため、事業上の取 引及び資金収支の大半は米ドルを中心とした外貨によっている。従って、取引 やその決済収支において為替変動による影響を直接受けることはない。しかし 、決算上は外貨建ての資産・負債、収益・費用を円貨に換算する割合が大きい ため、決算日における為替相場の変動は連結決算上の円貨換算額に影響を与え る可能性がある。

⑤財務内容について

FPSO等の浮体式海洋石油・ガス生産設備の建造にあたっては多額の資金を要 するほか、これを保有して石油開発事業者にリース、チャーターを行う場合は 、そのリース、チャーター期間が10年を超えるなど建造資金の回収に長期間を 要することになる。こうした事業資金を主に借入金によって調達しているため 、平成25年12月末における連結ベースの借入金残高は26,504百万円で、負債純 資産合計に占める割合は12.3%となっている。金利スワップを用いるなど金利 変動リスクの低減に努めているが、金利の変動によって業績が影響を受ける可 能性がある。また、今後もFPSO等に係る新規プロジェクトを開始する場合に は、新たに資金調達を行う必要がある。プロジェクトの推進にあたり総合商社 をはじめとする事業パートナーとの連携によって資金負担の低減を図るほか、 プロジェクトファイナンスの利用によるリスクの遮断も行う方針である。しか し、入札にあたって所要資金を十分に調達することが困難であったり、金利等 の資金調達条件が悪化した場合には、プロジェクトの受注及び収益性に影響を 及ぼす可能性がある。

主力サービス

①建造工事(EPCI)

FPSO、FSO、TLP等の海洋石油・ガス生産設備を、設計から資材調達、建造、 据付、試運転まで一括で石油開発会社に提供するサービス。工場をもたないフ ァブレス企業として工程・品質管理を中心としたプロジェクトマネジメントに 特化し、建造工事やFPSO等に搭載する設備の製作並びに据付工事は海外造船 所や専門の業者に外注している。

②リース、チャーター、オペレーションサービス

FPSO/FSOを保有し、運転オペレーション・保守点検を行うサービスを提供す る。