企業名

カメイ< 8037 >

本社所在地

〒980-8583仙台市青葉区国分町3-1-18

会社情報HP

http://www.kamei.co.jp/

設立

1932年12月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

卸売業

同業他社

三井物産<8031> 日本紙パルプ商事<8032> 日立ハイテクノロジーズ<8036>

沿革

明治36年
初代社長亀井文平、宮城県塩釜にて石油、雑貨 、砂糖、洋粉等の販売業を始める。

昭和7年
㈱亀井商店に改組。

昭和31年
亀井商事㈱[現カメイ商事㈱]を設立。

昭和60年
社名を㈱亀井商店からカメイ㈱に変更。

昭和61年
東京証券取引所第二部上場。

昭和63年
東京証券取引所第一部上場。

事業内容

エネルギー事業、食料事業、住宅関連事業、自動車関連事 業、海外・貿易事業、ペット関連事業、ファーマシー等事 業

事業リスク

(1)エネルギー問題について グループの主力である石油製品やLPガスなどのエネルギー 事業においては、原油価格の高騰や国内におけるエネルギ ー需要構造の変化により、経営環境が激変しておりる。と しては、これらの事象をビジネスチャンスと捉え、積極的 な経営戦略を実施してまいりるが、今後、更なる原油価格 の変動や、電気・都市ガス等とのエネルギー間競争の激化 によっては、グループの財政状態及び経営成績に影響を及 ぼす可能性がある。

(2)自然災害等のリスクについて グループが所有する油槽所、工場、倉庫などは、火災、地 震等の自然災害により被害を受ける可能性がある。これら の設備等のいずれかに甚大な損害を被った場合、グループ の操業が中断し、生産及び出荷が遅延することなどにより 売上高が減少するとともに、設備等の修復又は代替のため に巨額な費用が必要となる可能性がある。

(3)資本価値の変動について グループでは、数多くの事業用固定資産やファイナンス・ リース資産を有しておりるが、様々な事業を展開しており るグループにとってはいずれも必要不可欠なものであり、 その多くは過去及び現在においても十分なキャッシュ・フ ローを生成していると認識しておりる。しかしながら、一 部の事業用固定資産等につきましては、当連結会計年度に おいても減損損失を計上しておりる。また、今後の地価の 動向やグループの収益状況の変化によっては、新たに減損 損失を認識する必要がある場合も考えられ、グループの財 政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性がある。

(4)M&A及び資本提携等について グループでは、既存の事業領域の拡大や収益基盤の強化、 そして新たな事業への進出のために、事業戦略の一環とし てM&Aや資本提携を含む戦略的提携を行う可能性がある 。

主力サービス

エネルギー55%、食料16%、住宅関連6%、自動車関連 9%、海外・貿易8%、ペット関連3%、ファーマシー等 4%