企業名

ニッセンホールディングス< 8248 >

本社所在地

〒601-8412 京都市南区西九条院町26

会社情報HP

http://www.nissen.co.jp/

設立

970年4月10日

上場市場

東証1部

決算

12月

業種

小売業

同業他社

千趣会<8165>ベルーナ<9997>

沿革

昭和45年4月
株式会社日本捺染の商事部を分離し、株式会社日本染芸を資本 金200万円で設立。本社及び秋田営業所でカタログによる呉服の販売を開始。

昭和48年10月
48営業所の設置を完了し、カタログによる販売エリアを全国に拡 大。

昭和49年12月
商号を株式会社ニッセンに変更。

平成15年7月
東京証券 取引所市場第一部に株式上場。

平成25年12月
株式会社セブン&アイ・ホールデ ィングス及びその完全子会社である株式会社セブン&アイ・ネットメディアと の資本業務提携契約を締結。

事業内容

子会社25社、関連会社1社及びその他の関係会社1社で構成されており、婦人 服を中心とした衣料品、インテリア雑貨、和装品などのインターネット・カタ ログ通信販売、通販ノウハウを活かしたビジネスサポート、BtoB事業等を 行っている。

事業リスク

①カタログ資材の市況変化に関するリスク

コマース事業はカタログを媒体とする通信販売を行っており、カタログ資材の 調達においては紙パルプを多用している。これらのカタログ資材の調達におい ては、紙パルプ等の原材料市況が想定以上に高騰した場合、業績及び財政状態 に悪影響を及ぼす恐れがある。

②商品発送料に関するリスク

コマース事業は、その事業の特性上、商品の発送が伴う。そのため、原油高騰 及び排ガス規制等の環境規制により、運輸事業者のコストが上昇する可能性が あり、ひいては委託発送料の値上がりにつながり、結果として事業、業績及び 財政状態に悪影響を及ぼす恐れがある。

③商品の安全性及び表示に関するリスク

製造物責任法をはじめ、消費生活用製品安全法、食品衛生法、薬事法、不当 景品類及び不当表示防止法(景品表示法)など各種の法的規制を受けている。全 ての商品について欠陥が無く、将来にわたって商品回収や損害賠償等による多 額の費用が発生しないという保証はない。また、異物混入及び品質・表示不良 製品の流通などの問題が発生した場合、商品に対する信頼の低下による売上の 減少などにより、事業、業績及び財政状態に悪影響を及ぼす恐れがある。

主力サービス

①コマース事業

・カタログ媒体やオンラインショップを通じ、主に衣料品・生活関連用品の通 信販売
・「有店舗メディアミックス型ビジネスモデル」によるギフト用品の販売、卸 売

②ファイナンス事業

・生命保険の募集に関する業務
・損害保険代理業
・クレジットカード事業及び金銭貸付