企業名

クレディセゾン< 8253 >

本社所在地

〒170-6073 東京都豊島区東池袋3−1−1 サンシャイン60

会社情報HP

http://www.saisoncard.co.jp/

設立

1951年5月1日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

その他金融業

同業他社

オリエントコーポレーション<8585>オリックス<8591>

沿革

昭和26年5月
株式会社緑屋を設立。

1976(昭和51年)3月
(株)西武百貨 店と資本提携、セゾン(旧西武流通)グループ内信販事業のオペレーション体 制を確立。

1982(昭和57年)8月
「西武カード」発行拠点、(セゾンカウンタ ー)の全国展開開始、キャッシング用無人CD設置開始、リース事業開始 。

1983(昭和58年)3月
「西武カード」を名称変更した「セゾンカード」が誕 生。

1989(平成元年)10月
社名を(株)西武クレジットから(株)クレディセ ゾンに変更。

2011(平成23年)11月
業界初「永久不滅ポイント」でネットショ ッピングの決済が可能になる。近年では、ネットビジネスを通じたフィービジ ネスの拡大、ASEAN諸国への本格的な参入など、持続的な成長を実現するため の基盤構築に取り組むことで新たな収益源を確立している。

事業内容

関係会社グループ各社含め、クレジットサービス、リース、ファイナンス、不 動産関連、エンタテインメント等を主な事業の内容として、各社が各々の顧客 と直結した事業活動を展開している。

事業リスク

①経済状況

主要事業であるクレジットサービス事業、リース事業、ファイナンス事業、不 動産関連事業及びエンタテインメント事業の業績及び財政状態は、国内の経済 状況の影響を受ける。すなわち、景気後退に伴う雇用環境、家計可処分所得、 個人消費等の悪化が、提供しているクレジットカードやローン、信用保証及び 不動産担保融資等の取扱状況や返済状況、ひいては営業収益や貸倒関連費用等 に悪影響を及ぼす可能性あり。また、中小規模の企業を主要顧客とするリース 事業についても、景気後退に伴う設備投資低迷や企業業績悪化によって、営業 収益や貸倒関連費用をはじめとした業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性 あり。

②調達金利の変動

想定以上の金融情勢の変動やグループ各社の格付けの引き下げによって調達金 利が上昇し、業績及び財政状態に悪等の変更は、顧客との規約の変更、同業他 社の適用金利等、総合的判断が必要とされるため、調達金利の上昇分を適用金 利に転嫁できない事態が生じた結果、利鞘の縮小を招く可能性あり。

③競争環境

日本の金融制度は規制が緩和されてきており、これに伴ってリテール金融業界 再編の動きが活発化しており、クレジットカード業界においても再編や異業種 からの新規参入が増加するなど、ますます競争が激化している。このような市 場変化に伴い、加盟店手数料率の低下をはじめとした、取引先との取引条件の 変更等が生じた場合、業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性あり。

主力サービス

①クレジットサービス事業、ファイナンス事業

・カードの決済代行業務 ・ATM機での代行融資及び貸付

②リース事業、不動産関連事業

・事務用機器等のリース
・事務所用建物の賃借
・不動産担保ローン顧客の保証