企業名

東武ストア< 8274 >

本社所在地

〒174-0076 東京都板橋区上板橋3−1−1

会社情報HP

http://www.tobustore.co.jp/

設立

1960年12月

上場市場

東証1部

決算

2月

業種

小売業

同業他社

いなげや<8182>マルエツ<8178>

沿革

昭和35年12月
東武鉄道株式会社の全額出資により、物品販売業並びに結婚式 場、スケート場等各種興業を目的として、商号を「株式会社東武会館」とし、 本店を東京都豊島区に置き設立。

昭和41年12月
東武東上線成増駅構内に成増 店を開設。

昭和43年5月
商号を「株式会社東武ストア」に変更した。

昭和63 年
株式会社東武マルシェを設立、東京証券取引所市場第一部に上場。現在で は、東京都内21店舗、埼玉県内27店舗、千葉県内13店舗、合計61店舗(平成 26年10月時点)で食品スーパーマーケットを主体に営業している。

事業内容

子会社2社で構成され、生鮮・食品を中心に衣料品、日用品などの小売りを 主要な事業として、東京都、埼玉県、千葉県の首都圏でスーパーマーケットを 展開、及び小売り周辺事業を行っている。

事業リスク

①競合の激化に対するリスク

東京都、埼玉県、千葉県の首都圏を地盤としてスーパーマーケットを展開して おり、この地域はすでにオーバーストアの状況にあり、同一商圏内への競合店 の出店は店舗の営業成績に大きな影響を与える可能性があり、ひいては業績に 影響を与える可能性あり。

②商品の調達に対するリスク

食を中心としたスーパーマーケットとして、安心・安全な食品を安定的に提供 することが最も重要であり、それらの食品は鳥インフルエンザ等の発生するリ スク、輸入品の場合には輸出国側の食品衛生上の管理不備により発生するリス ク、並びに輸出国の政治や社会情勢不安による供給不足等での価格高騰リス ク、また産地の天候不順による供給不足等のリスクがあり、これらは業績に影 響を与える可能性あり。

主力サービス

①小売業

・スーパーマーケットチェーンの展開 ・ファストフード店、インストアベーカリー等の運営

②その他

・店舗、駐車場の保全管理及び店舗業務の受託