企業名

オルガノ< 6368 >

本社所在地

〒136-8631 東京都江東区新砂1-2-8

会社情報HP

http://www.organo.co.jp/

設立

1946年5月1日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

機械

同業他社

栗田工業<6370> 新東工業<6339>

沿革

昭和16年
設立された山梨化学工業株式会社を株式会社日本オルガノ商会と商 号変更し、イオン交換樹脂の応用及び企業化を目的として、長野県諏訪市に創 業。

平成17年
台湾新竹市にオルガノ・テクノロジー有限公司を設立(現・連 結子会社)。

平成21年
東京都江東区にオルガノエコテクノ株式会社を設立( 現・連結子会社)。

平成26年
完全子会社7社(オルガノ北海道株式会社( 現・連結子会社)、オルガノ東北株式会社(現・連結子会社)、オルガノ東京 株式会社(現・連結子会社)、オルガノ中部株式会社(現・連結子会社)、オ ルガノ関西株式会社(現・連結子会社)、オルガノ九州株式会社(現・連結子 会社)、オルガノ山下薬品株式会社)を吸収合併。

事業内容

総合水処理エンジニアリング会社として水処理エンジニアリング事業と機能商 品事業を行う。

事業リスク

①経営成績の変動

水処理エンジニアリング事業については、本事業の主な顧客である電子産業、 電力、医薬・石油化学・食品等の一般産業等の民間設備投資及び浄水場、下水 処理場等の公共投資の変動が業績に影響を与える可能性がある。機能商品事業 については、民間設備投資及び公共投資動向に加え、工場等の設備稼働率の変 動が業績に影響を与える可能性がある。また、装置・薬品・食品添加剤の原材 料である鋼材・素材価格の変動が業績に影響を与える可能性がある。

②為替変動

中国・台湾・東南アジア等を中心とする海外での販売及び調達は、経営戦略上 、重点的な課題であることから、為替変動により業績に影響を与える可能性が ある。

主力サービス

①電子産業向け

・超純水製造システム
・機能水製造システム
・排水処理システム
・有価物回収システム
・クローズドシステム

②一般産業向け

・前処理・ろ過システム
・排水処理システム
・排水回収再利用システム
・廃棄物低減システム

③医療・製薬向け

自社開発の耐熱D2EDI、蒸留水製造装置、 純水蒸気発生装置などを組み合わ せて、原水からユースポイントまで一貫した思想と豊富な経験で、 「安心の水」 をつくる。また、安定稼動に不可欠なサービス体制も充実。

④上下水道向け

水源にあわせて濁りを取り除く浄水処理や、微量有害物質の除去、 活性炭やオ ゾンによる高度浄水処理、排水処理など様々な水処理が行われており、オルガ ノの技術が活用されている。

⑤ソリューション事業

設備の効率化、水処理能力のアップ、水質向上など、様々な付加価値を提供。 設備診断、運転管理、遠隔監視など、通常のメンテナンスから一歩踏み込んだ 様々なサービスを提供する。