企業名

椿本チエイン< 6371 >

本社所在地

〒530-0005 大阪市北区中之島3-3-3 中之島三井ビルディング

会社情報HP

http://www.tsubakimoto.jp//

設立

1941年1月31日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

機械

同業他社

大同工業<6373> オリエンタルチエン工業<6380>

沿革

椿本説三の個人経営により、大阪市大淀区(現、北区)で創業。自転車用チェ ーンを作る。その後、自転車用チェーンの製造をやめ、機械用チェーンの製造 に専念。

2010年
独・Kabelschlepp GmbHを買収、連結子会社化。

2011年
FlexLink社(スウェーデン)と合弁会社「株式会社ツバキフレックスリンク 」を設立。

2012年
米・メイフラン・ホールディングスグループの事業を取得 、連結子会社化。

事業内容

動力伝動用チェーンおよび搬送用チェーン、減速機・変速機および直線作動機 、自動車エンジン用タイミングドライブシステム、保管・搬送・仕分けシステ ムの製造、販売等を主な事業とする。

事業リスク

①市場環境変動のリスク

ターゲットとする市場において売上の拡大に努めていくが、景気の下ぶれなど による需要減少、特に最大顧客である自動車業界において急激な需要変動があ った場合には、経営成績に大きな影響を及ぼす可能性がある。

②鋼材等原材料価格高騰のリスク

生産性向上活動に注力し原価低減に努めているが、鋼材等原材料価格の急激な 高騰は、調達価格上昇による収益性悪化を招き、経営成績に影響を及ぼす可能 性がある。

③災害等のリスク

不測の災害等に備え、国内外すべての生産拠点において、リスク管理、リスク 対策を実施しているが、主力生産拠点において、地震や火災等の重大な災害が 発生した場合には、安定した製品の供給ができなくなり、経営成績に影響を及 ぼす可能性がある。

④海外での事業活動におけるリスク

コスト競争力強化や為替リスク低減のため、グローバルに生産・調達や販売を 拡大している。しかし、政治的、経済的な要因により経済の一時的混乱や停滞 が発生した場合には、部品調達や工場操業が困難になり、製品の生産減少、遅 延などの問題が発生し、経営成績に影響を及ぼす可能性がある。

⑤為替レートの変動のリスク

グローバル展開を積極的に行う中で、為替予約を分散して行うなど、為替リス クを最小限に抑える努力をしているが、想定を超える急激な為替変動等があっ た場合には、経営成績に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

①チェーン事業部門

世界シェアNo.1の実績を誇る動力伝動用のドライブチェーンをはじめ、生産ラ インを担うコンベヤチェーン、食品業界向けにプラスチックチェーンなど、産 業機械・工作機械、造船、鉄鋼、ITとあらゆる業界に最適なチェーンを提供。

②自動車部品事業部門

自動車エンジンの高性能化を支えるタイミングチェーンドライブシステム(タ イミングチェーン、テンショナ、ガイド、レバー、スプロケットで構成)を世 界のカーメーカーに提供する。

③精機事業部門

変速機、電動シリンダ、カムクラッチなどパワー&コントロールの分野で多種 多様な商品をラインナップ。より高速で高精度な動きと制御をいうニーズに応 えるため、これら精機商品群とその複合技術によりユーザーに最適なパワート ランスミッションを提供する。

④マテハン事業部門

物流業界向けのリニアモータ式高速自動仕分システムや、新聞業界向けの無人 給紙システム、自動車業界向けの塗装ライン搬送システム、製薬業界向け保管 ・ピックングシステムなど、モノの動きに即応し、時間とムダを省いた競争力 のある生産・流通システムを提供。その他にも工作機械の金属切り屑搬送コン ベヤや産業廃棄物や焼却灰などの粉粒体搬送コンベヤでも独自の技術力を発揮 。各分野で革新的なソリューション提案を行っている。