企業名

理想科学工業< 6054 >

本社所在地

〒108-8385 東京都港区芝五丁目34番7号 田町センタービル

会社情報HP

http://www.riso.co.jp/

設立

1946年9月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

サービス

同業他社

三菱重工業<7011> クボタ<6326>

沿革

1946年
伊勢神宮警備担当の元陸軍少尉・羽山昇が、公職追放により教職 への就職を断念、教育現場に貢献できないかと世田谷区で孔版印刷所を 創業。

1980年
世界初の全自動孔版印刷機を開発。教育現場で多用された。 主にビジネス向けの印刷用機械(RISOプリンター、リソグラフなど)を主力商品とし、さらには環境保全にも力を入れている。かつて長年ベストセラ ーを続けていた商品に家庭用製版用品「プリントゴッコ」があったが、2008年 6月末をもって販売を終了した。尚、プリントゴッコの消耗品販売は2012年 12月末まで続けられ、以降完全撤退となる。

事業内容

孔版技術を用いた各種印刷機、高速フルカラーインクジェットプリンターの 開発・生産・販売・保守を事業の中心としている。 世界シェアトップクラスの「リソグラフ」、高速フルカラープリンター「オル フィス」など、独自の技術でプリントワークを革新するソリューションを提 供し続けている。 独創的な製品力と、個々を活かす人間力。これを原動力に新しい価値を 世の中に送り出すべくチャレンジし続ける会社である。

事業リスク

(1)競争の激化について

主力である事務用印刷機器関連製品においては、同じテクノロジーを用い た孔版印刷機やインクジェットプリンターを始め、同様のマーケットを対 象にする複写機やレーザービームプリンターなどとの競合が考えられる。

(2)技術革新への対応について

理想グループは、事務用印刷機器関連製品の開発・製造・販売をコアビジ ネスとしている。このような中で、理想科学工業の孔版印刷技術やインクジ ェット技術に対抗するような技術革新が起こった場合は、理想科学工業 グループの製品の競争力が著しく低下する可能性がある。従って、理想科 学工業グループが技術革新の流れを十分に予測することができず、魅力 ある新製品を開発できない場合には、将来の成長と収益性を低下させ、 業績と財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

個人向け、事業向け事務用印刷機器関連製品の開発・製造