企業名

ダイコク電気< 6430 >

本社所在地

〒450-8640 名古屋市中村区那古野一丁目43番5号

会社情報HP

http://www.daikoku.co.jp/

設立

1973年7月

上場市場

東証・名証1部

決算

3月

業種

機械

同業他社

三菱重工業<7011> ジェイテクト<6473>

沿革

1964年
創業者柏森新治が大阪市に電気設備の製造販売を目的としダイコク産 業を設立。

1973年
名古屋市にパチンコ業界向け電気器具販売に特化したダイコク電気株式会社を設立

2002年
東京証券取引所・名古屋証券取引 所市場第2部に株式を上場したのち、2004年第1部に指定。

2011年
子会社DAXEL株式会社が日本電動式遊技機工業協同組合に加盟、ま た同年、一般社会法人プリペイドシステム協会に正会員として加盟。

2014年
遊戯業界関連企業として初めて日本経済団体連合会に入会。 現代表取締役社長の栢森秀行は、京都大学大学院在学中、ダイコク電機株式会 社に入社。 その後、代表取締役副社長として経営にあたり、2012年4月に代表取締役社長 に就任。グループ会社(DAXEL株式会社、元気株式会社)の代表取締役を兼任。

事業内容

パチンコホール向け営業管理用コンピュータシステム(ホールコンピューター) の製造・販売とホール経営支援サービスを行う「情報システム事業」と、パチ ンコメーカー向け電子部品のOEM提供とパチスロ機の開発・製造・販売を行う 「制御システム事業」を展開運営している。 主力のホールコンピュータは国内4割近くのトップシェアを持つデファクトス タンダードになっている。

1974年に発売したホールコンピューターは、CRユニット「VEGASIA」やファ ン向け情報公開端末「BiGMO」などのホール周辺機器とも連動するほか 、1990年にサービスを開始した会員制情報提供サービス「DK-SIS」もホール コンピューターのソフトとして連携する。つまり、ホールコンピュータによっ て「情報システム事業」の機器やサービスが一括で販売できるビジネスモデル となっている。

事業リスク

1 法的規制について

情報システム事業の顧客であるパチンコホールは風営法に定める基準に従って 営業する事が義務づけられており、また各都道府県条例による規制を受けると ともに、過度な射幸性を抑制する目的から、パチンコホールの業界団体が自主 規制を行う事がある。このような法的規制や新たな自主規制の実施により、パ チンコホールの営業に制限が課せられた場合、またパチンコホールの設備投資 動向が急激に変化した場合、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

2 遊技機の型式試験について

グループの取引先が製造販売する遊技機は風営法に基づき、国家公安委員会の 指定試験機関である財団法人保安電子通信技術協会に型式試験に合格したのち 、各都道府県公安委員会による検定に適合した機種だけがホールに導入されが 、パチンコファンのニーズの多様化や飛躍的に進化している遊技機の技術構造 に伴い、型式試験の通過に予想を超える時間を要したり、試験に不合格となっ た場合には、制御システム事業の顧客である遊技機メーカーの販売計画に大き な狂いが生じ、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

3 需要の大幅な変動について

遊技機の市場動向は、機種ごとの優勝劣敗の傾向が強くなっているため、大幅 に需要変動する傾向のある遊技機市場環境のなか、当初計画した各メーカーへ の納入台数が達成できなくなる、あるいは受注がキャンセルされること等によ りグループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

1 DK-SIS

パチンコホール向けの会員制情報提供サービス

2 情報システム事業

パチンコホール向けに情報システムの機器を提供

3 制御システム事業

遊技機メーカーに向け制御ユニットの製造

③その他事業

・スカパー!で「パチ・スロ サイトセブンTV」運営