企業名

ブラザー工業< 6448 >

本社所在地

〒467-8561 名古屋市瑞穂区苗代町15−1

会社情報HP

http://www.brother.co.jp/

設立

1934年1月

上場市場

東証1部,名証1部

決算

3月

業種

サービス

同業他社

マキタ<6586> クボタ <6326>

沿革

1908年 (明治41年)
安井兼吉が 安井ミシン商会 を創業。

2003年 (平成15年)
BROTHER INDUSTRIES (SHENZHEN), LTD. 情報通信機器の生産開始

2007年 (平成19年)
BROTHER INDUSTRIES (VIETNAM) LTD. 、BROTHER INDUSTRIES (SLOVAKIA) s.r.o.、

2013年 (平成25年)
BROTHER INDUSTRIES (PHILIPPINES), INC.と海外と次々と子会社 を設立報通信機器生産も開始。

事業内容

[プリンティング・アンド・ソリューションズ事業]プリンター、複合機、ファクス、電子文具 、タイプライター
[パーソナル・アンド・ホーム事業]家庭用ミシン、カッティングマシンなど
[マシナリー・アンド・ソリューション事業]工業用ミシン、工作機械、ガーメントプリンター
[ネットワーク・アンド・コンテンツ事業]業務用通信カラオケシステム、コンテンツサービ ス、コンテンツ配信システムなど

あらゆる場面での顧客層を第一に考え、モノ創りを通して優れた価値を創造し 、迅速に提供することを使命としている。 「情報通信機器」、「家庭用ミシン」、「工業用ミシン・産業機器」、「通信 カラオケ・コンテンツ配信」など幅広い分野で、ブラザー社特有の製品やサー ビスを提供している。

事業リスク

① 市場競争

ブラザー工業グループの各事業は、プリンティング事業を始めとして事業を展開する 多くの市場において他社との激しい競争にさらされている。今後市場環境の変化によ り新規競合他社の参入、あるいは競合先間の提携が行われ、競争が更に激化するこ とが想定される。これらの要因により現在の市場シェアを維持できなくなり、当社グル ープの業績が影響を受ける可能性がある。

②事業内容及び当社サービスに係わるリスクについて

ブラザー工業グループは高品質の魅力ある製品を提供するため、厳格な品質管理 基準に従って生産管理体制を確立し製品の製造を行っている。しかし、製品安全問 題や品質問題が発生した場合多額のコストを要するほか、ブランドイメージや社会的 評価が低下し顧客のブラザー工業グループ製品への購買意欲を減少させる。よって ブラザー工業グループの業績が影響を受ける可能性がある。

主力サービス

①プリンティング・アンド・ソリューションズ事業

プリンター、複合機、ファクス、電子文具、タイプライター

②パーソナル・アンド・ホーム事業

家庭用ミシン、カッティングマシンなど

③マシナリー・アンド・ソリューション事業

工業用ミシン、工作機械、ガーメントプリンター