企業名

日本ピストンリング< 6461 >

本社所在地

〒338-8503 埼玉県さいたま市中央区本町東5−12−10

会社情報HP

http://www.npr.co.jp/

設立

1934年12月20日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

サービス

同業他社

アルファ<3434> 田中精密工業<7218>

沿革

1934年昭和9年
理化学興業(株)が柏崎工場を分離し、理研ピストンリング(株)を 設立。

2004年平成16
ISO/TS16949:2002認証取得し理研汽車配件(武漢)有限公司 を設立。中国第二の拠点として、ピストンリングを製造販売。

2012年平成24年
北米 及び中南米向けの自動車・産業機械部品供給拠点として、アグアスカリエンテス州( メキシコ)にリケンメキシコ社を設立。

事業内容

製造品目 ・ピストンリング・シールリング・シリンダライナ ・内燃機関用動弁機構部品 ・各種部品

エンジン機能部品である、ピストンリング、シリンダライナ、動弁機構部品( 組立式焼結カムシャフト、バルブシート、バルブロッカーアーム他)をはじめ とした国内外の自動車・陸舶エンジン用組付・補修部品の製造・販売を主要事 業としている。 また、得意とするトライボロジ-技術をベースとして、家電用コンプレッサー 部品・各種産業機械用部品等、エンジン部品以外への製品展開をも図っている 。

事業リスク

(1) 原材料等の調達におけるリスクについて

日本ピストンリンググループの主要製品に使用される原材料及び燃料について は、品質、コスト面も含めた最適な調達先を選定しているが、需給バランスの 変化により影響を受けるとともに、市況変動による原材料価格及び燃料価格の 上昇が、当グループの業績及び財政状態等に影響を及ぼす可能性がある。

②事業内容及び当社サービスに係わるリスクについて

日本ピストンリンググループの当連結会計年度の自動車関連製品売上高は約9 割を占めており、自動車業界の戦略・生産動向が当グループの業績及び財政状 態等に大きな影響を及ぼす。当グループが市場の変化に適切な対応ができない 場合には、将来の成長と収益に影響を与え、ひいては日本ピストンリンググル ープの業績及び財政状態等に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

①ピストンリング・シールリング・シリンダライナ

自動車、船舶、建設車両、産業機械エンジン用・冷凍冷蔵空調用圧縮機・一般 産業機器装置用

②内燃機関用動弁機構部品

バルブシートインサート・鋳鉄カムシャフト・組立式焼結カムシャフト・バル ブリフタ・バルブロッカ・バルブガイド・ロッカブリッジ

③各種部品

エンジン部品・家電、産業機器部品・鋳鍜、焼結、圧延などの塑性加工部材と その複合部品・シンクロナイザーリング・MIM製品