企業名

リケン< 6462 >

本社所在地

〒102-8202 東京都千代田区三番町8−1

会社情報HP

http://www.riken.co.jp/

設立

1949年12月1日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

サービス

同業他社

アイダエンジニアリング<6118> ユニバンス<7254>

沿革

1949年昭和24年
理研工業(株)が企業再建整備法に基づきは11社に解体、その中の柏崎、 熊谷の2工場が理研柏崎ピストンリング工業(株)、理研熊谷鋳鉄(株)として 再出発。

2004年平成16年
理研汽車配件(武漢)有限公司を設立。中国第二の拠点 として、ピストンリングを製造販売。

2012年平成24年
北米及び中南米向けの自動車 ・産業機械部品供給拠点として、メキシコにリケンメキシコ社を設立。

事業内容

・自動車産業機械部品事業 ・その他事業

自動車・産業機械部品を主に、低燃費・オイル消費性能向上・排気ガスクリー ン化の実現によって地球環境保護に貢献すべく努力している。更に地球環境保 護、CO2削減への対応のために自動車産業の大きな変化が予想されるなか、ハ イブリッド自動車、電気自動車等の新たな発展分野向けの新製品創出を目的に 次世代製品企画室が企画活動を行いる。

事業リスク

(1) 資材の調達及び価格の変動

生産に必要な資材の調達につきましては、供給の安定や品質、コストの面から 最適な調達先を選定しているが、需給の逼迫及びこれに伴い原材料価格が上昇 する可能性があり、生産計画への支障やコストアップが発生し、リケングルー プの業績と財務状況に影響を及ぼす可能性があります。

②事業内容及び当社サービスに係わるリスクについて

リケングループの売上は自動車・産業機械部品が全体の8割強を占めており、 海外における現地調達化の進展などを含む自動車メーカーの調達方針の変化、 燃料電池や電気自動車の開発・実用化などの技術革新、環境規制を含む法規制 の強化等、自動車マーケットの事業構造に大きな変化が生じた場合、リケング ループの現主力製品の需要が減少する可能性がある。

主力サービス

①自動車産業機械部品事業

ピストンリング(四輪・二輪・建機・船舶用)、カムシャフト、シールリング 、バルブシート、バルブリフター、ナックル等足廻り部品、ブレーキ部品

②その他事業

配管機器(鋼管用継手、ステンレス管用継手) EMC製品(電波暗室、シールドルーム等) 熱エンジニアリング製品(電熱線、工業炉等)

③認証取得一覧

ISO14001 ISO/TS16949:2002  ISO9001