企業名

西華産業< 8061 >

本社所在地

〒100-0005東京都千代田区丸の内3-3-1新東京ビル

会社情報HP

http://www.seika.com/

設立

1947年10月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

卸売業

同業他社

三菱商事<8058> 第一実業<8059> キヤノンマーケティングジャパン<8060>

沿革

1947年10月
旧三菱商事株式会社の解散に伴い、同社 関 係者が門司市(現 北九州市門司区)に設立

1961年10月
株式を東京証券取引所市場第一部に上場

事業内容

各種プラント、機械装置・機器類、環境保全設備、電子情 報システム機器類の販売および輸出入

事業リスク

(1)国内営業展開 グループの主要顧客である電力、石油、化学等の分 野にお いては、原油価格の高騰や電気料金値上げ等の要因で、設 備投資、保守点検工事等の規模が縮小、若しくは抑制され ることがあり、その規模、内容によっ てはグループの業績 と財務状況に影響を及ぼす可能性がある。

(2)海外営業展開 グループが展開している欧米およびアジア市場での販売活 動には以下に掲げるいくつかのリスクが内在している。( イ)予期しない経済要因の変化 (ロ)予期しない法律または規制の変更 (ハ)テロ、戦争、その他の要因による社会的混乱 これらの事象はグループの業績と財務状況に影響を及ぼす 可能性がある。

(3)投資有価証券の価格変動 グループでは、財務の安全性と収益の向上を図るために資 産リストラを推進しているが、当連結会計年度末現在にお いて総資産の 12.1%に相当する投資有価証券を保有してい る。これらの大半は時価のある有価証券であることから、 これら有価証券の価格変動がグループの業績 と財務状況に 影響を及ぼす可能性がある。

(4)為替変動の影響 グループは、欧米および中国を中心としたアジア地域にお いて積極的に営業を推進しているが、決済通貨が外貨建て のものについては先物為替予 約等を行うことによりヘッジ を行っているので、表面的な為替リスクはほとんどない。 しかしながら、価格交渉の段階において為替変動の影響は 避けられず、極端な為替変動が生じた場合、グループの業 績と財務状況に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

機械等卸売97%、機械等製造3%