企業名

キッツ< 6498 >

本社所在地

〒261-8577 千葉市美浜区中瀬1−10−1

会社情報HP

http://www.kitz.co.jp/

設立

1944年7月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

サービス

同業他社

栗田工業<6370> フジテック<6406>

沿革

1951年
株式会社北澤製作所を設立。山梨県長坂町に長坂工場を建設し、青銅製バ ルブの製造・販売を開始。

2004年1月
「集合住宅向けメータユニット」を発売。 株式会 社キッツエスシーティーが中国・昆山市に半導体製造設備用バルブの生産拠点とし て北澤半導体閥門(昆山)有限公司を設立。

2014年7月
新しい水浄化技術「KITZ RECIRQUA(キッツ リサクア)」を発表。

事業内容

青銅・黄銅・鉛レス銅合金・ステンレス鋼・アルミ合金・鋳鉄・ダクタイル鉄・鋳鋼、高耐 圧樹脂PVCを素材とする各種バルブの製造。

日本ピラー工業は、『流体の漏れを止める技術』を応用し、流体を制御するさ まざまな関連機器へと市場を広げてきました。現在では、半導体産業向けサー キュレーション製品や各種産業用のシーリング材、すべり材として採用されて いるピラフロン、高度な技術力と豊富な経験をもとに開発されるメカニカルシ ールやカップリンなどがさまざまな分野で採用されています。

事業リスク

(1)財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの異常な変動に係るもの

キッツグループの主要製品であるバルブを始めとする流体制御機器の売上は、 国内外の各種プラントや建物などの設備投資の動向に左右される傾向にあり、 また伸銅品事業は、建築金物、電気・ガス器具・自動車などの産業の動向が業 績に重大な影響を及ぼす可能性があります。

②事業内容及び当社サービスに係わるリスクについて

キッツグループの中心となるバルブ事業の製品の約33%は、海外生産拠点にお いて生産されております。当社の主要な海外生産拠点はタイ(生産高の約 13%)、台湾(同約6%)及び中国(同約8%)であり、当該国の経済、政治 、法・税制、規制、(自然)災害等の情勢により、製品・部品供給等の事業活 動及び業績について大きく影響を受ける可能性があります。

主力サービス

①バルブ

アルミ合金製空圧式アクチェータ Fシリーズ

②水道メータ設置ユニット

メータユニット

③フィルター

薬液用中空糸膜フィルター