企業名

日本電産< 6594 >

本社所在地

〒601-8205  京都府京都市南区久世殿城町338

会社情報HP

http:// www.nidec.com/ja-JP/

設立

1973年7月

上場市場

東証1部 大証1部

決算

3月

業種

電気機器

同業他社

富士電機<6504>TDK<6762>

沿革

1973年
京都市西京区に現代表取締役会長兼社長永守重信が資本金2,000万円で日本電産株式会社を設立 。精密小型ACモータの製造・販売を開始

1974年
京都市中京区大宮に本社事務所を移転

1975年
ブラシレスDCモータの本格生産開始

1979年
8インチ型ハードディスク装置用スピンドルモータの生産を開始

1983年
本社事務所を京都市中京区烏丸御池に移転

1984年
3.5インチ型ハードディスク装置用 スピンドルモータの生産を開始

1988年
3.5インチ型ハードディスク装置用 スピンドルモータの生産を開始

1998年
株式を東京証券取引所市場第1部に上場 並びに大阪証券取引所市場第1部に昇格

2001年
ニューヨーク証券取引所へ上場

2003年
「本社・中央開発技術研究所」ビルが京都市南区に完成

2010年
ラジコン電動グライダー(F5B)競技世界選手権で当社モータ搭載機が優勝

2012年
シンガポールに日本電産シンガポールモーター基礎技術研究所を開設 日本電産中央モーター基礎技術研究所を開設

2014年
日本電産中央モーター基礎技術研究所を開設

事業内容

当グループは「世界No.1の総合モーターメーカー」として、駆動技術製品、それに関する応用製品、設備、部品、材料といった分野を中心とする経営を基本方針としており、精密小型モータ、車載及び家電・商業・産業用、機器装置、電子・光学部品等の製造・販売を主な事業内容とし、更に各事業に関連する物流・その他のサービス等の事業活動を国内外において展開している。

当連結会計年度より、「一般モータ」製品グループの名称を「車載及び家電・商業・産業用」製品グループと変更し、「その他」製品グループに含まれていた自動車部品を、当製品グループに含めております。また、「電子・光学部品」製品グループに含まれていたモータ応用製品を「精密小型モータ」製品グループへ含めている。

事業リスク

① ハードディスクドライブ業界への依存リスク

HDDメーカーの多くはJIT方式の在庫管理プロセスを採用していることからNIDECはHDDメーカーの生産施設またはその近隣に在庫を保有する場合がある。顧客要求に即時対応できる十分な在庫を保持するためには相当の資本や費用が必要になる。そして、需要がNIDECの予想を大幅に下回る場合には、在庫の陳腐化や価格低下のリスクが高まり、NIDECの事業、経営成績、財政状態に悪影響を及ぼす可能性がある。

②リスク情報機器産業への依存

NIDECの売上の多くは情報機器やその周辺機器に依存している。NIDECは、製品の多角化を図り、家電、自動車用モータといった新規市場への参入努力を続けているが、引き続きこの依存状態は継続するであろうと予測している。例えば平成24年度には、消費者支出が弱まったことやHDDからSSDへのシフトにより、HDD関連市場、光ディスク関連市場が深刻な需要減少に見舞われ、NIDECの売上高は重大な悪影響を受けました。今後も、同市場の減退がNIDECの事業、経営成績、財政状態に悪影響を及ぼす可能性がある。なお、情報機器及びその周辺機器の市場は次のような要因によりさらに悪化する恐れがある。

主要顧客グループへの集中リスク

NIDECは、当面の間、主要顧客への売上がNIDECの売上全体の中で高い割合を占め続けるものと考えている。仮に、既存顧客からの受注が減少もしくは停止した場合、新規顧客による受注で補わない限りNIDECの事業、経営成績、財政状態に悪影響が及ぶ可能性がある。

主力サービス

①精密小型モータグループ

HDD用・スピンドルモータ・その他小型モータ

②車載及び家電・商業・産業用グループ

家電・商業・産業用・車載用

② その他事業

各事業に関連する物流・その他のサービス等の事業活動を国内外において展開しております。