企業名

ミツウロコグループホールディングス< 8131 >

本社所在地

〒104-0031東京都中央区京橋3-1-1東京スクエアガーデン

会社情報HP

http://www.mitsuuroko.com/

設立

1926年05月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

卸売業

同業他社

ワキタ<8125> 東邦ホールディングス<8129> サンゲツ<8130>

沿革

1886年(明治19年)
初代社長田島達策、高崎線新町駅前 にカネイチ運送店開業(創業)

1892年(明治25年)
田島達策、不振の三鱗運送店、東京 支店の経営を引き受け、三鱗社と改め東京に進出

1895年(明治28年)
三鱗合資会社と改称

1919年(大正8年)
三鱗石炭(株)[現・三鱗事業株式 会社]設立

1926年(大正15年)
三鱗石炭(株)と三井物産(株)と の合弁にて三鱗煉炭原料(株)創立[当社創立](5月)

1933年(昭和8年)
社名を三鱗無煙炭(株)と改める

事業内容

エネルギー事業、PM/健康・スポーツ事業、電力事業、他 事業

事業リスク

(1)需要動向について グループの主力商品である石油製品及びLPガスは、一般的 に気温が低いと需要が伸びることから、天候により売上高 が変動し、グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があ る。

(2)原材料の調達について グループの主力商品である石油製品及びLPガスは、中近東 からの輸入に依存しており、原油価格及びLPガスのCP等 の変動や、為替レートの動向により売上原価が変動し、グ ループの経営成績に影響を及ぼす可能性がある。

(3)営業戦略について グループは、家庭用エネルギーである石油製品、LPガス及 びその周辺機器を販売することを事業の中心に据えている が、同業者間の顧客獲得競争に加え、都市ガスや電力等の 競合エネルギーとの競争も激しく、顧客獲得競争の激化に よる顧客の減少並びに販売価格の低下は、グループの収益 面に影響を及ぼす可能性がある。

(4)災害等について グループの各事業所には、石油製品及びLPガスの貯蔵設備 がある。法令上の定期検査、自主保安体制による設備点検 、定期的な改修等を行っているが、大規模な地震やその他 災害等により漏洩事故等を引き起す可能性がある。

(5)投資等について グループは、経営基盤の強化をはかるため、子会社または 関連会社の設立、外部との資本提携等を行っていきる。投 資等については、投資リスク等を十分勘案したうえで決定 し、投資価値の回収可能性を定期的にチェックいたするが 、予測し難い事態が生じ投資先の財政状態及び経営成績が 悪化した場合には、グループの財政状態及び経営成績に影 響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

エネルギー92%、PM/健康・スポーツ1%、電力6%、他 2%