企業名

リョーサン< 8140 >

本社所在地

〒101-0031東京都千代田区東神田2-3-5

会社情報HP

http://www.ryosan.co.jp/

設立

1957年03月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

卸売業

同業他社

サンワテクノス<8137> 三京化成<8138> ナガホリ<8139>

沿革

1953年 11月
東京都千代田区神田末広町に有限会社菱三電 気を創立

1981年 10月
社名を株式会社菱三電気から株式会社リョ ーサンへ変更

1983年 7月
東京証券取引所市場第二部へ上場

1986年 3月
東京証券取引所市場第一部に指定替え

事業内容

半導体・電子部品・電子機器の販売

事業リスク

(1)経済状況の急激な変動 グループの営業収入は、顧客であるセットメーカーの需要 の影響を受け、そのセットメーカーの需要は製品を販売し ている国又は地域の経済状況の影響を受ける。従って、日 本、アジア等グループの主要市場における景気後退、及び それに伴う需要の減少は、グループの業績及び財務状況に 悪影響を及ぼす可能性がある。

(2)仕入先との契約 グループは、国内外の複数の仕入先と代理店契約を締結し ている。これまで仕入先各社とは良好な取引関係を維持し ているが、仕入先の事業再編(M&A等)や販売チャネル政 策の見直しにより、契約が継続できない場合は、グループ の業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。

(3)為替レートの変動 グループの事業には、日本、アジア等における商品の販売 と製品の生産が含まれており、各地域における売上、費用 、資産を含む現地通貨建の項目は、連結財務諸表のために 円換算されている。換算時の為替レートによりこれらの項 目は、元の現地通貨における価値が変わらなかったとして も、円換算後の価値が影響を受ける可能性がある。一般的 に他の通貨に対する円高はグループの連結業績に悪影響を 及ぼし、円安はグループの連結業績に好影響をもたらする 。従って、為替レートの変動はグループの連結業績及び財 務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。

(4)海外活動に潜在するリスク グループの事業は、日本国内だけではなく、アジアを中心 として海外の各国で行われており、海外の各国における次 のようなリスクがある。そのためこれらの事象が発生した 場合はグループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能 性がある。②社会的共通資本(インフラ)が未整備なこと によるグループの活動への悪影響③不利な政治的要因の発 生④テロ、戦争等による社会的混乱 (5)資本市場における相場の大幅な変動 グループは、金融機関や販売又は仕入に係る取引会社の株 式を保有しているため、株式市場の価格変動リスクを負っ ている。株式の価格変動リスクについては特別のヘッジ手 段を用いていない。従って、資本市場における相場の大幅 な変動は、グループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす 可能性がある。

主力サービス

半導体68%、電子部品23%、電子機器7%、生産2%