企業名

日鉄鉱業< 1515 >

本社所在地

〒100-8377 東京都千代田区丸の内2-3-2

会社情報HP

http://www.nittetsukou.co.jp/

設立

1939年5月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

鉱業

同業他社

東邦鉛< 5707 >、三菱マ< 5711 >、住友鉱< 5713 >

沿革

昭和14年

に石炭、鉄鉱石、石灰石などの製鉄原料の総合開発、安定供給を目 的として、旧日本製鐵(株)(現在の新日鐵住金(株))の鉱山部門が独立し て設立。

平成15年1月にはチリのアタカマ銅鉱山の試操業を開始、同年6月 より本格操業。古河機械金属(株)他との共同出資により設立した豪州のポー ト・ケンブラ・カパー社は、

平成18年に株式を古河メタルリソース(株)へ 譲渡し、同社の経営から撤退している。

事業内容

鉱業(石灰石、タンカル、砕石などの採掘販売)を中心に、銅ほか鉱産物の加 工・販売及び輸出入業、石炭・石油製品の仕入販売、機械・環境関連商品等の 開発及び販売、不動産業、自然エネルギーを利用した発電業などを展開。

事業リスク

①経営関連リスク

売上高の22%を占める石灰石の約半量は、鳥形山鉱業所(高知県)で生産さ れている。同鉱業所からの出荷の大部分は海上輸送によっているため、台風の 襲来等に伴う荷役作業の滞留により生産・販売に支障を来すことがあり、気象 条件がグループの経営成績に影響を与える可能性がある。また、金属部門の主 力製品である電気銅は、銅の国際市況によって業績が大きく左右される。銅価 の状況によっては、グループの経営成績に影響を与える可能性がある。

②財務関連リスク

グループの平成26年3月31日における有利子負債残高は314億4千9百 万円であり、今後の市中金利の動向次第では収益を圧迫する可能性がある。

主力サービス

①資源事業

鮮度包装資材「フローラエース®」、紙製靴中敷「アシート」

②機械・環境事業

ポリテツ®、テツフロック®、ダッシュエース®、ノンフィーター®、集塵機 「シンターラメラーフィルタ®」、集塵機「ジオシンター®」、喫煙室用プラ ズマ脱臭分煙機「プラズマダッシュ®スリム」、超微粉分級機「エルボージェ ット」、生乳検査機関向けプレーティングマシーンなど。

③不動産事業

オフィスビル、マンション、店舗、工場、倉庫の賃貸及び不動産の販売。

④再生可能エネルギー事業

地熱蒸気及び熱水の供給・販売、自然エネルギーを利用した発電及び電気の供 給並びに販売。