企業名

サトレストランシステムズ< 8163 >

本社所在地

〒541-0052大阪市中央区安土町2-3-13大阪国際ビルディン グ

会社情報HP

http://www.sato-restaurant-systems.co.jp/

設立

1968年08月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

小売業

同業他社

4℃ホールディングス<8008> ファミリーマート<8028> ジョイス<8080>

沿革

昭和43年8月
「株式会社尼崎すし半本店」を兵庫県尼崎 市に設立 (実質上の存続会社の設立)

昭和49年7月
商号を「株式会社サト」に変更

昭和59年3月
株式を大阪証券取引所第二部に上場

平成10年10月
商号を「サトレストランシステムズ株式会 社」に変更

平成25年7月
東証大証統合により東京証券取引所市場一 部へ移行

事業内容

飲食店の営業及び食料品の製造・販売

事業リスク

(1)売上高の変動について グループは飲食店の経営を事業としており、消費者の外食 動機の大幅な減少を生じさせる事象、すなわち大規模な自 然災害、戦争やテロによる社会的混乱、繁忙期における異 常気象等の悪影響の発生等により売上高が大きく低下した 場合、経営成績に影響を与える可能性がある。 (2)食品の安全性について グループは、食品衛生法に基づく「飲食業」としての飲食 店の経営を行っている。事業の最重要課題として、「安全 ・環境対策室」を設置する等の社内体制を従前から整備す るとともに、国の定める基準に加えた自主基準を設定し、 食材の品質管理状況や店舗の衛生管理状態を定期的に確認 している。しかしながら万一、食品の安全性が問われる重 大な問題が社内外において発生した場合、経営成績に影響 を与える可能性がある。 (3)仕入の価格変動と安定確保について 異常気象や大規模な自然災害、国際的な紛争、残留農薬や 食品添加物等の安全性問題、家畜類に係る伝染病の発生、 為替変動等により、仕入品の価格や供給量に大きな変動が 生じた場合、経営成績に影響を与える可能性がある。 (4)出店について グループは、主として和食レストランのチェーン展開を行 っており、適切な出店用地が計画通り確保できない場合や 、出店地周辺の道路や開発状況の想定外の変化や、競合店 の出店等で立地環境が大幅に変化し、退店を余儀なくされ る場合、経営成績に影響を与える可能性がある。 (5)有利子負債について グループは、店舗建設費用及び差入保証金等の出店資金を 主に金融機関からの借入れにより調達している。今後、有 利子負債残高の圧縮等を含め保守的な財務方針で経営に当 る方針であるが、金利に変動が生じた場合、経営成績に影 響を与える可能性がある。

主力サービス

和食100%