企業名

Paltac< 8283 >

本社所在地

〒540-0029 大阪市中央区本町橋2−46

会社情報HP

http://www.paltac.co.jp/index.html

設立

1928年12月22日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

卸売業

同業他社

メディパルホールディングス<7459>スズケン<9987>

沿革

1898年(明治31年) 12月
角倉種次郎が「おぼこ号角倉支店」を創業。源流は 、白粉(おしろい)紅を中心に扱う化粧品・小間物商である。

1918年(大正 7年 ) 5月
合資会社角倉商店設立。

2009年(平成21年) 4月
商号を(株 )Paltacに変更。現在では化粧品・日用品・一般用医薬品に関する生活必需 品をフルラインで扱う中間流通業のトップ企業である。

2010年(平成22年) 3月
東京証券取引所市場第一部へ上場。中国市場での事業拡大に向け、2011年3月 、現地有力卸売企業・上海長發豊源日化有限公司(本社:上海 劉 国平社長) と業務提携を締結した。

事業内容

非連結子会社1社で構成されており、化粧品・日用品、一般用医薬品卸売事業 及び物流受託事業を主たる業務としている。化粧品・日用品、一般用医薬品な どの生活必需品を、全国のドラッグストアやホームセンターをはじめ、コンビ ニエンスストア、スーパーマーケットなどの小売業様にお届けする中間流通業 である。

事業リスク

①競合による投資コストの増加と価格競争リスク

他事業者との競合規模や事業領域が拡大しており、これらに対応すべく物流・ 情報システム機能の充実・拡大に伴う設備投資が必要となる可能性あり。この 場合、減価償却費の増加や設備の運営・管理に係る人件費・諸経費等の増加に より業績に影響を及ぼす可能性あり。また、販売価格競争の激化により、期待 する利益率の確保が十分にできない場合は、業績に影響を及ぼす可能性あり。

②仕入割引のリスク

化粧品・日用品の卸売業界においては業界特有の商慣行として、仕入割引があ る。今後、仕入先が仕入割引に係る条件を変更した場合は、業績に影響を与え る可能性あり。

主力サービス

①卸売事業

全国のドラッグストア、ホームセンター、コンビニエンスストア、スーパーマ ーケット等に化粧品・日用品、一般用医薬品等を販売

物流受託事業

販売先の物流センターの運営・管理