企業名

三菱UFJフィナンシャル・グループ< 8306 >

本社所在地

〒100-8330 東京都千代田区丸の内2−7−1

会社情報HP

http://www.mufg.jp/

設立

2001年4月2日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

銀行業

同業他社

みずほフィナンシャルグループ<8411>三井住友フィナンシャルグループ<8316>

沿革

平成12年4月
株式会社東京三菱銀行、三菱信託銀行株式会社及び日本信託銀 行株式会社が、持株会社の設立を通じた経営統合に基本合意。

平成12年7月、
株式会社三和銀行、株式会社東海銀行及び東洋信託銀行株式会社が、持株会社 の設立を通じた経営統合に基本合意。

平成13年4月
株式会社三和銀行、株式 会社東海銀行及び東洋信託銀行株式会社が、株式移転により株式会社UFJホー ルディングスを設立。

平成22年5月
モルガン・スタンレーは、モルガン・スタンレー証券株式会社 のインベストメントバンキング部門を承継した三菱UFJ証券株式会社(三菱 UFJモルガン・スタンレー証券株式会社に商号変更)とモルガン・スタンレー 証券株式会社(モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社に商号変更)に共同出 資。

事業内容

連結子会社253社及び持分法適用関連会社62社で構成され、「世界に選ばれる 、信頼のグローバル金融グループ」を目指し、銀行業務、信託銀行業務、証券 業務を中心に、クレジットカード・貸金業務、リース業務、その他業務を行っ ている。顧客の様々な金融ニーズに対応するため、既存の業態の枠を超え、グ ループ一体となって金融商品・サービスを提供するグループ融合型の組織体制 を構築しており、グループ各社の連携のもと一元的に戦略を定め事業を推進す る連結事業本部制度を導入している。

事業リスク

①出資・資本提携等に関するリスク

今後も出資・資本提携等を行う可能性がある一方、出資・資本提携先の属す る業界の想定外の変化、出資・資本提携先の関係する法令・会計基準の変更や 経済の停滞、出資・資本提携先の戦略や財務状況の変化等により、出資・資本 提携等が解消され、又は想定通りのシナジーその他の効果を得られず、事業戦 略、財政状態及び経営成績に悪影響を及ぼす可能性あり。

②モルガン・スタンレーとの戦略的提携に関するリスク

モルガン・スタンレーとの戦略的提携関係が解消された場合には、事業戦略、 財政状態及び経営成績に悪影響を及ぼす可能性あり。また、モルガン・スタン レーに大規模な出資を行っているものの、支配株主ではなく、同社の事業等を 支配し、また同社に関する決定をすることはできない。モルガン・スタンレー が利益に合致しない決定を独自に行う場合、結果として当初想定したモルガン ・スタンレーとの戦略的提携の目的が達成できない可能性あり。また、モルガ ン・スタンレーの支配株主ではないものの、同社に対して大規模な投資を行っ ているため、同社の財政状態又は経営成績が悪化した場合、多額の投資損失を 被り、さらに、評判を損なう可能性あり。

③保有株式に係るリスク

世界的なリスク資産圧縮の加速、その他の全般的な経済動向や保有先の業績悪 化等により株価が下落した場合には、保有株式に減損又は評価損が発生若しく は拡大し、財政状態及び経営成績に悪影響を与えるとともに、自己資本比率の 低下を招くおそれあり。

主力サービス

①リテール部門(個人向け)

・資産運用
・住宅ローンやカードローン、クレジットカード
・保険
・相続

②法人部門

・貸出・決済・外為・運用などの商品やサービスを提供
・国内外の直接金融と間接金融市場を機動的に活用した資金調達
・事業投資や事業戦略・資本戦略策定

③国際部門

・協調融資・プロジェクトファイナンスなど手法を用いた資金調達の支援
・キャッシュ・マネジメントサービスの提供
・M&A案件にかかわるアドバイザリー業務

④受託財産部門

・企業年金や投資信託などをはじめとする顧客資産の運用・管理