企業名

三井住友トラスト・ホールディングス< 8309 >

本社所在地

〒100-8233 東京都千代田区丸の内1−4−1

会社情報HP

http://smth.jp/index.html

設立

2002年2月1日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

銀行業

同業他社

りそなホールディングス<8308>みずほフィナンシャルグループ<8411>

沿革

平成13年10月
中央三井信託銀行株式会社は株主の承認と関係当局の認可を前 提に、銀行持株会社を設立し、中央三井信託銀行株式会社及び三井アセット信 託銀行株式会社を傘下にもつ新しい金融グループを結成することを決定。

平成13年11月
中央三井信託銀行株式会社は、持株会社の設立、株式会社の経 営陣・経営執行体制を、新たな銀行持株会社グループ名を「三井トラストフィ ナンシャルグループ」とすることと併せて公表。

2011年 4月
中央三井トラスト・ホールディングス株式会社と住友信託銀行 株式会社は、株式交換により経営統合し、「三井住友トラスト・ホールディン グス株式会社」発足。

事業内容

連結子会社76社及び持分法適用関連会社28社で構成されており、銀行事業、資 産運用、管理事業、不動産事業等を行っている。

事業リスク

①不良債権の状況

国内外の景気動向、不動産・株式市場を含む金融経済環境の変化及び貸出先の 経営状況等により、不良債権や与信関係費用は増加する可能性あり。

②貸倒引当金

実際の貸倒費用が貸倒引当金計上時点における見積りと乖離する恐れがあり、 また、経済情勢全般の悪化、貸出先の信用状況の変化、担保価値の下落その他 予期せざる理由により、貸倒引当金の積み増しが必要となる可能性あり。

③市場リスク

バンキング業務又はトレーディング業務として、債券、株式、デリバティブ商 品等の多種の金融商品に対し投資活動を行っており、これらの活動による損益 は、金利、外国為替、債券及び株式市場の変動等のリスクに晒されており、そ の結果、業績へ悪影響を与える恐れがある。例えば、大幅な株価下落の場合に は、保有株式の減損処理や評価損益の悪化を通じて、業績や財務状況に悪影響 を及ぼす可能性あり。

③資金繰りリスク

財務状況や業績の悪化、悪い風評、経済環境の悪化、市場の流動性の低下等に よって、資金調達コストが上昇したり、資金調達が制限される可能性あり。そ の結果、業績や財務状況が悪影響を受ける可能性あり。

主力サービス

①銀行事業

・投信・保険等販売
・個人ローン
・遺言信託・遺産整理
・法人与信等
・金融商品販売

②資産運用、管理事業

・企業年金をはじめとする国内外機関投資家の資産運用
・国内外機関投資家の顧客に有価証券の保管・決済レンディング等サービスを 提供
・証券代行

③不動産事業

・仲介、証券化、投資顧問等