企業名

三井住友フィナンシャルグループ< 8316 >

本社所在地

〒100-0005 東京都千代田区丸の内1−1−2 三井住友銀行本店ビルディング

会社情報HP

http://www.smfg.co.jp/

設立

2002年12月2日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

銀行業

同業他社

三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>みずほフィナンシャルグループ<8411>

沿革

平成14年7月
株式会社三井住友銀行は、持株会社を設立し、これを核として グループ経営改革を行うことを決定。

平成15年3月
株式会社三井住友銀行と 株式会社わかしお銀行が、株式会社わかしお銀行を存続会社として合併し、商 号を株式会社三井住友銀行に変更。

平成18年9月
SMBCフレンド証券株式会 社を株式交換により完全子会社化。

平成23年5月
株式会社SMFGカード&ク レジットが株式会社セディナを株式交換により完全子会社化。

平成24年4月
プロミス株式会社(現SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)を株式交 換により完全子会社化。

事業内容

関係会社(うち連結子会社324社、持分法適用会社46社)は、銀行業務を中心に 、リース業務、証券業務、コンシューマーファイナンス業務、システム開発・ 情報処理業務などの金融サービスに係る事業を行っている。

事業リスク

①近時の国内外の経済金融環境

国際金融資本市場の変動や国内外の景気の下振れが生じた場合、国内外の取引 先の経済活動が困難となり、不良債権残高や与信関係費用が増加したり、資本 及び資金調達が難しくなること等により、経営成績及び財政状態に影響を及ぼ す可能性あり。

②グループのビジネス戦略

銀行業務を中心に、リース業務、証券業務、コンシューマーファイナンス業務 等の各種金融サービスを行うグループ会社群によって構成されており、平成26 年5月に公表した、平成26年度から平成28年度までの3年間を計画期間とする 中期経営計画において、10年後の将来ビジョンとして「最高の信頼を通じて、 日本・アジアをリードし、お客さまと共に成長するグローバル金融グループ」 を掲げ、様々なビジネス戦略を実施している。しかしながら、これらのビジネ ス戦略は、世界的な市場の混乱や経済金融環境、事業環境の影響等により、必 ずしも奏功するとは限らず、当初想定した成果をもたらさない可能性あり。

③取引先の業況の悪化

取引先の中には、当該企業の属する業界が抱える固有の事情等の影響を受けて いる企業がありますが、国内外の経済金融環境及び特定業種の抱える固有の事 情の変化等により、当該業種に属する企業の財政状態が悪化する可能性がある 。また、債権の回収を極大化するために、貸出先に対する債権者としての法的 権利を必ずしも行使せずに、状況に応じて債権放棄、デット・エクイティ・ス ワップ又は第三者割当増資の引受、追加貸出等の金融支援を行うことがあり、 これら貸出先の信用状態が悪化したり、企業再建が奏功しない場合には、与信 関係費用や不良債権残高が増加する可能性あり。

主力サービス

・銀行業
・リース業
・証券業
・コンシューマーファイナンス業
・その他事業