mpg_img (写真:本田技研工業ウェブサイト)

ホンダ技研工業 は1月8日、2月13日に発売を予定している新型乗用車「JADE(ジェイド)」を、同社のウェブサイト上で公開した。9日から3日間にわたって千葉県の幕張メッセで開催される「東京オートサロン2015」でも市販車の展示を予定しており、発売に先行して公開した格好だ。

今回、先行して公開された「JADE」は、滑らかな曲線のフォルムが特徴的な乗用車。車体内には3列シートを搭載しており、見晴らしのいい1列目を実現し、2列目ではゆったりとした空間を確保した。3列目も確保して居住性と利便性を確保しなが、ら立体駐車場にも対応する低い車体の高さも実現させた。

ほかにも、同社は新たな運転支援システムの「Honda SENSING(ホンダ センシング)」に加えて、快適な走行と低燃費の両立を目指したハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド) i-DCD」と搭載し、より上質な走行体験の提供を図った。

(ZUU online)

【関連記事】
【米国現地レポート】米雇用統計好調なら一転株価上昇も 懸念要因は石油産業の雇用
各社が円安相場へ対応を加速―為替予約で影響を緩和
2015年株式市場…相場を賑わす注目の10テーマ
年間52,596円の日経新聞が無料?ネット証券は『情報の宝庫』
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法