企業名

ウシオ< 6925 >

本社所在地

〒100-0000 東京都千代田区大手町二丁目6番1号

会社情報HP

http:// www.ushio.co.jp/jp/index.html

設立

1964年3月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

サービス

同業他社

豊田合成株式会社<7282> スタンレー電気(株)<6923>

沿革

1964年3月
産業用光源メーカーとして資本金 12,500千円で設立。

1967年5月
アメリカにUSHIO AMERICA, INC.(ランプの販売)を設立 。

1970年5月
東京証券取引所市場第2部上場。

1980年9月
東京および大阪証券取引所市場第1部上場。その後も販売拠点・製造拠点を増やし、現在ウシオグループとして国内7社、北欧12社、欧州8社、アジアに12社がある。産業ランプで世界首位となっている。

事業内容

産業用光源メーカーとして1964年3月に資本金 12,500千円で設立。1967年5月アメリカにUSHIO AMERICA, INC.(ランプの販売)を設立 。1970年5月にで東京証券取引所市場第2部上場。1980年9月に東京および大阪証券取引所市場第1部上場。その後も販売拠点・製造拠点を増やし、現在ウシオグループとして国内7社、北欧12社、欧州8社、アジアに12社がある。産業ランプで世界首位となっている。

ウシオグループの強みは、世界の多くの優良企業をお客さまとし、緊密なコラボレーションのもとで、産業の先端で用いられる光製品をカスタム化し、高シェア製品を数多く有しているところにある。

事業リスク

①半導体、液晶業界の需要動向による影響について

グループの業績は、半導体や液晶業界における需給の影響を受ける状況にある。現状での取扱品目は、主として製造装置用のランプという消耗品であり、工場が稼動する段階においてほぼ安定的に需要が発生する構造となっている。しかしながら、扱う半導体や液晶の製造装置は、各々の業界における短期・中長期的な需要の変動や技術革新の影響を受け、グループの業績及び財務状況に重要な影響をおよぼす可能性がある。

②事業内容及び当社サービスに係わるリスクについて

ウシオグループは半導体、液晶分野以外にデータプロジェクタ用搭載光源及びデジタルシネマプロジェクタ等の照明・照射光源や映像機器・光源をマーケットに供給しているが、これらの光源は、マーケットの技術動向、価格動向、需要変動の影響を受け、当社グループの業績及び財務状況に重要な影響をおよぼす可能性がある。

主力サービス

①光源技術

遠赤外線から真空紫外線まで、ランプやLED、EUVなど、豊富なラインナップを持つ光源を提供。

②投影露光装置

専用に開発した高出力ランプと、マスクダメージレスな投影露光を採用し、基板収縮対応、ビルドアップ、多層パターンの高精度な重ね合わせを実現するウシオの投影露光装置。シリコンウェーハ、ガラス基板、セラミック基板、ロール基板、プリント基板など、さまざまな基板に対応するウシオの大面積投影露光の要素技術を提供。

③その他事業

・紫外線硬化技術の提供等。